日本
終了

【金沢大学様ご講演】 オブジェクトストレージ構築事例
〜研究不正防止、データ保護100%、オープンサイエンスを実現する大容量研究データ管理基盤とは~

オブジェクトストレージ構築事例【金沢大学様ご講演】 〜研究不正防止、データ保護100%、オープンサイエンスを実現する大容量研究データ管理基盤とは~
開催期間
2021年7月14日 - 2021年7月14日
概要

コロナ禍で必要なのは特定の組織のみに依存しないシステムの設計です。その際、研究データ基盤の構築として重要なのは「研究データの不正防止」かつ利便性の高い「オープンサイエンス」を可能にすることです。研究者や企業が組織を越えた研究データの管理・共有を行うことで、効率的で柔軟な活用が可能になり、研究者、そして研究自体の底上げにも繋がります。今回は国立情報学研究所様の研究データ管理基盤である「GakuNin RDM」の接続ストレージとして安全かつ大容量のデータ基盤を構築する方法を解説します。

7月14日(水)14:30~16:00(所要時間 約90分)
*Zoom開催

  • 大学、研究開発機関などで研究データの管理に携わる方
  • 製薬、製造業、建設業などで機密性が高く大容量の研究開発(設計)データの管理に携わる方
  • ストレージシステムを上記お客さまへ提案、販売される立場の方

金沢大学 総合技術部 情報部門 主任技術職員 松平 拓也 様

クラウディアン株式会社 営業ダイレクター 石田 徹 様

株式会社科学情報システムズ ソリューション営業部 豊島 俊和 様

富士フイルム株式会社 記録メディア事業部 セールスマネージャー 大月 英明

【協賛】株式会社ネットワールド

案内は終了しました。