日本

普段何気なく利用しているECサイトでは、多くのサイトでCRMシステム(顧客関係管理システム)が導入されており、顧客情報や購買履歴の管理を行っています。
 

最近では、購買行動を促進させる手法のひとつとして、ECサイトの購買履歴や閲覧履歴、会員情報などの顧客情報から、顧客一人ひとりの趣向に合わせた内容にパーソナライズしたDMを発送することで、ECサイトでの売上げを伸ばしているケースが増えています。

しかし、顧客ごとにデザインやお勧め商品を変え、宛名も印字するとなると、手作業では到底できないですよね。

そこで、富士フイルムのFormMagic5を使えば、簡単に、素早くDMを作成出来ます。
定型フォーマットを作成しておけば、顧客情報をCSVデータで流し込み、印刷指示をするだけの操作で、誰でも簡単にパーソナライズDMが作成可能です。

では、どのように顧客情報からDMが制作されているのか、富士美百貨店が運営するECサイト「FUJIBI ONLINE STORE」でみていきましょう!

顧客がECサイトを訪問すると、閲覧した履歴や会員情報、購入履歴などの情報を、CRMからCSVでFormMagic5へ渡します。

あらかじめ登録してあるテンプレート、CRMから受け取ったCSVファイルを選択し、面付け・印刷実行を指示するだけで…

素早く、簡単に顧客の趣向に合わせた、販促効果の高いパーソナライズDMが作成できます。

さらに、Iridesseを使い特殊色トナー活かしたデザインで仕上げれば、お店の雰囲気を伝えることや、顧客の趣味趣向をより際立たせた特別感のあるDMを印刷することが可能です。

今回は会員情報や閲覧履歴のかわりに、お客様の趣味趣向をカテゴリーから選択いただくことで、FormMagic5の実力とIridesseの品質をお確かめいただけるサンプルを送付いたします!
ぜひ、実物でご確認ください。