日本

プレスケールカットサービスの流れ

用語解説

ワーク:お客さまが圧力計測する対象物やその形状。 ワーク図面:プレスケールをその形状にカットするための図面。
カット図面:プレスケールをカットするための図面で、お客さまへの納品は紙のカット図面です。図面の電子データは弊社が図面管理番号を採番して保管・管理します。

■ カット図面 発注時のお願い

カット図面作成の元となるワーク図面については、弊社では複雑な作図が困難なため、お客さまから提供いただきます。
ワーク図面の提供時には、以下の点について、ご注意お願いいたします。

  1. 実寸のワーク図面(データ)の準備をお願いします。1枚のプレスケールで複数種類のワークをカットする場合は、それぞれのワーク図面を提供ください。
  2. Illustratorで加工可能なデータ形式(aiファイルもしくはdxfファイル)で提出ください。
  3. ワーク図面の仕様は、ワーク図面仕様を参照してください。

■カット図面について

納品するのは形状確認用の紙のカット図面です。
カット図面の電子データは弊社が保管し、お客さまには図面管理番号をお伝えします。
次のカットサービスでは、図面管理番号、お申し込み時の暗証番号、形状確認のためカット図面のコピーもしくはPDFファイルが必要です。
 

カット図面オプション

形状が真円か四角形(長さが明確な4本の直線と角度)であれば、寸法だけでカット図面を作成します。

  • * 形状やサイズによってはご希望に添えない場合もあります。
  • *1 実作業は、株式会社富士フイルムメディアクレストが行います。
  • *2 カット図面(コピー)はカット形状確認のためご提示ください。
    カット図面作成サービスで指定いただいた暗証番号も必要です。 

カット品の納品形態

カットしたプレスケールの納品形態はプレスケール品種により異なります。

①超微圧用(5LW)/微圧用(4LW)
製品と異なり、Aフィルムを1枚ずつ個装する特殊な梱包形態です。
②極超低圧用(LLLW)~中圧用(MW/MS)~超高圧用(HHS)
通常のシート品と同じ包装形態です。
  • * シート品をお預かりした場合は、そのまま包材を利用させていただきます。

①超微圧用(5LW)/微圧用(4LW)

Aフィルムは重ねることができないので1枚ずつ個装しています。

Cフィルムは重ねてひと箱にまとめています。

②極超低圧用(LLLW)~中圧用(MW/MS)~超高圧用(HHS)

  • 極超低圧用(LLLW)~中圧用(MW)
    Aフィルムを黒の遮光ビニール、Cフィルムを青ビニールにそれぞれ包装します。
  • 中圧用(MS)~超高圧用(HHS)
    プレスケールと保護シートを重ねて黒の遮光ビニールに包装します。
    モノシートタイプのプレスケールなのでひとつの袋にまとめます。