日本

圧力画像解析アプリ

プレスケール モバイル

NEW

誰でも簡単に圧力値などを定量化することができるアプリ。

購入前のご質問

ライセンスキーを入力しなければ使用できないため、製品をご購入いただく必要があります。

製品版には

  1. アプリを使用するためのライセンスキー
  2. キャリブレーションシート
  3. キャリブレーションシートを保管するためのフォルダー

が付属します。
ライセンス版は、「1.アプリを使用するためのライセンスキー」のみとなります。

キャリブレーションを保管するためのフォルダーをPP加工したものです。油や水、薬品等、汚染度の高い現場下で使用されるお客さまは、こちらの製品のご使用を推奨いたします。通常版は厚紙になります。

ございます。最新の適応モバイル端末はホームページの主な仕様をご確認ください。

現在の適応品種はホームページの主な仕様をご確認ください。

できません。お客さまにてご用意ください。

海外でもご使用いただくことは可能です。

お問い合わせフォームよりご相談ください。

日本国内に限り、富士フイルムが運営するオンラインショップ「計測フィルムショップ」にてご購入いただけます。また、お客さまがお取引きのある機械工具、理化学、計測機器系などの商社さまでご購入いただけます。

購入からご使用いただくまでのフローは以下になります。

  1. プレスケールとプレスケールモバイル製品版を購入する。
  2. モバイル端末を用意する。
  3. Appストアからモバイル端末にアプリをダウンロードする。
  4. アプリに購入したライセンスキーを登録し、使用できる状態にする。
  5. プレスケールで圧力検査し、発色済のプレスケールを撮影・検査する。

最も大きな違いはプレスケールの読み取り方法です。
FPD-8010Jはスキャナー、プレスケールモバイルはモバイル端末のカメラ機能でプレスケールを読み込みます。その他にも違いがございますので、詳細はホームぺージをご確認いただくか、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

基本的な解析機能はどちらも共通しておりますが、プレスケールモバイルは検査効率化の機能を多く搭載しており、FPD-8010Jは細かい解析機能が充実しております。

使い方

できません。色彩が再現できないため、圧力値が正しく計算されません。

出力できます。
1.ケーブル有線itunes経由または2.お客さまご使用のiCloud経由でダウンロードしてください。詳細はリファレンスマニュアルをご確認ください。

「結果出力」はアプリ計測・表示された値/結果が転送されます。
「圧力マップ出力」は撮影して出た圧力Mapの各Pixel毎の圧力値が出力できます。どちらもcsvファイルでの出力となります(FPD-8010J同様)。詳細はリファレンスマニュアルをご確認ください。

発色したプレスケールをモバイル端末で撮影する際の環境になります。以下の環境化で撮影してください。

  • 推奨光源:白色LED/蛍光灯
  • 推奨照度:500-900Lux
  • 推奨色温度:5,000-6,500K
  • * 工場の標準(JIS Z 9110:2010)における「普通の視作業」から「細かい視作業」の範囲照度環境に相当します。

色味補正ができず、圧力値が正しく測定できない可能性があります。

プレスケールがカールによりキャリブレーションシートから浮いてしまうと、圧力値が正しく計測できません。発色していない部分に文鎮などの重りを置き、キャリブレーションシートから浮かないようにして撮影ください。

お客さまで元の端末のディアクティベーションを実施いただき、新たな端末でアクティベーションしていただければ継続使用が可能です。なお、ライセンス期間は継続されます。

モバイル端末にデータ保存されているため、新しい端末には引き継がれません。

可能です。

残ります。再アクティベーションすれば、そのままご利用いただけます。
ただし、アプリを端末から削除してしまうとデータも削除されてしまうため、お気を付けください。

困った時は

プレスケールをA4サイズに収まるようにカットしてからプレスケールモバイルで検査してください。

クイックマニュアルを製品のご購入時にも同梱しております。
お問い合わせいただければ事前に送付することは可能です。

プレスケールの外装箱に記載しております。

考えられる原因としては以下があげられます。ご確認ください。

  • 照明環境が推奨範囲内ではない。
  • 撮影時に影が入っている。
  • プレスケールがカールによってキャリブレーションシートから浮いている。
  • 検査条件(品種、圧力種、温湿度)が正しく登録されていない。

当社にご連絡をいただければ、元の端末のディアクティベーションを実施させていただきます。その後新たな端末でアクティベーションしていただければ継続使用が可能です。なお、ライセンス期間は継続されます。