日本

溶解補充装置

FG-MX/ML

NEW

専用の現像剤と定着剤のパッケージをセットするだけで、開封・調液・補充などの液補充作業を全自動で処理。手間を大幅に軽減する顆粒タイプ溶解補充装置。

顆粒タイプ溶解補充装置。

FG-MXは、液補充の手間を大幅に軽減する顆粒タイプ溶解補充装置。インテグラ用の顆粒タイプ現像剤ND-1Sと定着剤NF-1Sのパッケージをセットするだけで、開封・調液・補充などの液補充作業が、全自動で処理できます。しかも、処理能力を高め、便利な機能も新搭載。

処理剤をセットするだけでOK

現像剤および定着剤のパッケージを所定の位置にセットするだけで、給水・開封から調液・補充までの全自動処理が可能。セットはワンタッチで行え、手を汚すこともありません。

自動洗浄機能を新搭載

開封済み容器の内面および開封刃の自動洗浄を行う機能を備えています。

次回の処理剤も自動調液

現像液は1回の調液(10リットル)で大全サイズ200枚分に相当。処理剤は、現像と定着それぞれ2本セットでき、ストックタンク内の液量が減少すると自動的に次の処理剤を開封し、調液します。

既存プロセサーに幅広く対応

既存のラス型フィルムプロセサーのほとんどに接続可能。別売りのポンプユニットFG-PUIIを利用すれば、FG-MX1台でさらに2台のフィルムプロセサーに接続でき、容易に集中補充化が図れます。

顆粒タイプ処理剤の特長

ラクラク持てる軽量タイプ

現像剤ND-1Sと定着剤NF-1Sのパッケージは、1個当たりわずか2kg。片手でラクに持つことができ作業性の向上に貢献します。

廃材を減らすコンパクト包装

包装のコンパクト化も追及。従来の液体処理剤に比べ、保管スペースおよび廃棄包材料が大幅に減少します。