日本

機能性色素

NEW

染料本来の性能である「着色」以外にも、さまざまな機能を有する色素をご紹介します。掲載品以外にもご紹介できる色素がございますので、お問い合わせください。

「カラーフィルタ用色素」とは

液晶ディスプレイに使用される「カラーフィルタ」はガラス基板上にカラーレジストで赤(R)、緑(G)、青(B)のマトリクスを作成し、各色を選択的に透過させることでディスプレイのフルカラー表示を可能にしています。
カラーフィルタに用いられる機能性色素としては、これまでは顔料を超微粒子化し、マトリクスに均一分散させることが多く行われてきました。しかしながら、近年、低消費電力のためにバックライトをLED化したり、画素がより微細化していることから、これまで以上に透過性の向上が求められています。また、顔料と比較して染料は光散乱が少ないという点も踏まえ、高輝度化のブレークスルーのために染料への切り替えが少しずつ進んできています。

富士フイルム製「カラーフィルタ用色素」の例

商品名 CAS番号 溶液吸収 溶解性
λmax (nm)
OCF-001 非公開 561 可溶:PMA(PGMEA)、シクロヘキサノン、CHCl3、AcOEt、THF
OCF-002 非公開 453 可溶:PMA(PGMEA)、シクロヘキサノン、CHCl3、AcOEt、THF