日本

機能性色素

NEW

染料本来の性能である「着色」以外にも、さまざまな機能を有する色素をご紹介します。掲載品以外にもご紹介できる色素がございますので、お問い合わせください。

「可視光線吸収剤」とは

「可視光線」は、電磁波のうち、人間の眼で認識できる波長領域のもので、約400nm~800nm程度の波長の光です。可視光領域の特定波長の光をカットする素材を「可視光線吸収剤」と呼びます。

富士フイルム製 「可視光線吸収剤」の特徴

1.可視光線中の不要な成分をシャープにカット

通常、可視光線の一部を吸収する材料は色素・着色剤として使用されます。一方、可視光線の中には、特定の作用を持った成分(まぶしさを感じる波長や、睡眠を阻害する波長など)があります。富士フイルムの可視光吸収剤は、これらの波長の光をシャープにカット。不要な成分以外の光の透過率は保ったまま、樹脂などに所望の機能を付与することが可能です。

2.光学特性以外の特性についても幅広く取り揃えています

光学特性だけではなく、耐熱性、耐久性、溶解性など、ニーズや使用用途に応じ、適切な素材を提案いたします。

富士フイルム製「可視光線吸収剤」の例

商品名 CAS番号 溶液吸収 溶解性
λmax (nm)
OVS-001 非公開 436 可溶:AcOEt
OVS-002 非公開 453 可溶:CHCl3、PGMEA、AcOEt
OVS-004 非公開 528 可溶:H2O、DMF
OVS-005 非公開 561 可溶:CHCl3、AcOEt、THF
OVS-006 非公開 611 可溶:H2O、DMF