日本

ヒトiPS 細胞由来腸管上皮細胞

F-hiSIEC™

NEW

経口剤開発の効率化に大きく貢献する画期的な研究用途細胞

ヒト生体由来腸管上皮細胞と同等のCYP3A4酵素活性

腸管上皮細胞が薬物を吸収する際に、薬物代謝酵素の中で最も重要な機能を果たすCYP3A4の酵素活性がヒト生体由来腸管上皮細胞と同等です。

ヒト生体同等の主要トランスポーター遺伝子発現量

薬物の腸管上皮細胞内への取り込みと細胞外への排出をつかさどるトランスポーター遺伝子の発現量がヒト生体由来腸管上皮細胞とほぼ同等です。

さまざまな細胞培養容器で使用可能な高い汎用性

プレートやセルカルチャーインサートなどさまざまな細胞培養容器で使用可能です。また、セルカルチャーインサートに播種することで、バリア機能が確保できます。

CYP3A4活性

腸管上皮細胞が薬物を吸収する際に、薬物代謝酵素の中で最も重要な機能を果たすCYP3A4の酵素活性が、Caco-2細胞に対して約30倍、ヒト生体由来腸管上皮細胞と同等です。

代謝酵素 

第1相の薬物代謝酵素(CYP3A4、CYP2C9、CYP2C19、CES2)、第2相の薬物代謝酵素(UGT1A1、 UGT2B7、SULT1B1)、二糖加水分解酵素(Sucrase-Isomaltase, Lactase, Trehalase, Maltase-Glucoamylase)について、⽣体⼩腸同等の遺伝⼦発現を⽰しています。

トランスポーター

薬物トランスポーター(MDR1、MRP1、MRP2、 MRP3、BCRP、OCT1、OATP2B1)、グルコーストランスポーター(GLUT2、GLUT5、SGLT1)、ペプチドトランスポーター(PEPT1)、核酸トランスポーター(CNT1、CNT2、ENT1、ENT2)、コレステロールトランスポーター(ABCG5、ABCG8、NPC1L1)、カルシウムトランスポーター(CaT1)について、⽣体⼩腸同等の遺伝⼦発現を⽰しています。

腸管上皮細胞マーカー

腸管上皮細胞マーカーについて、⽣体⼩腸同等の遺伝⼦発現を⽰しています。

各種腸管上皮細胞の存在

吸収上皮細胞(VIL1)、 杯細胞(MUC2)、 内分泌細胞(REG4)、 パネート細胞(LYZ)、 M細胞(GP2)、 タフト細胞(DCLK1)のマーカー遺伝子が発現しており、存在が示唆されております。

バリア機能

セルカルチャーインサートに播種することで、バリア機能が確保できます。

※ Occludinを免疫染色した画像

細胞を解凍、播種後9日目のTEER値

実験条件
● 播種細胞数
10× 104 cells/well 
● セルカルチャー インサート
Merck Millipore社製(#MCHT24H48)
● 24 well plate
Greiner Bio-One(#662-160)

安定した性能(ロット間差)

CYP3A4酵素活性及びMDR1(P-gp)トランスポーター活性は、各ロット間で安定した数値を示しています。

 

学会等で発表した情報は、以下データをご確認ください。