日本

防曇(ぼうどん)フィルム

MF-600

NEW

優れた吸湿性で、クリアな視界を確保!
ガラスの曇りを防止する高機能ウインドウフィルム登場

水滴の付着を防いで、いつもくっきり透明に

優れた吸湿性で、建機の窓や業務用冷蔵庫のガラス面などの曇りを抑制。高い透明性で、貼った後の視界もクリアに。お掃除しながら長く使える、耐久性も魅力です。
曇りにさえぎられることなく、建物や商品をすっきりとお客さまに見ていただくことができます。

使用イメージ : 業務用冷蔵庫の場合

冷蔵庫の曇りを抑制し、お客さまも快適に買い物ができます!
スーパーマーケット、コンビニエンスストア、キヨスクなど広くご利用いただけます。

防曇フィルムの機能

冷蔵/冷凍

ガラス等、基材表面の水滴付着による曇りを「吸湿」により抑制し、内部の視認性を保ち続けます。

浴室

ガラス等、基材表面の水滴付着による曇りを「親水」により抑制し、内部の視認性を保ち続けます。

富士フイルムの防曇フィルムは吸湿性の高い機材を使用しています

防曇フィルムの仕組み

防曇フィルムの貼られていないガラスの場合、ガラス上で暖かい空気が冷やされると、結露が始まり、時間がたつとガラス表面に付着した水分が増え、水滴がどんどん大きく成長することで、ガラスは「曇った状態」となってしまいます。

富士フイルムの防曇フィルムを貼ったガラスの場合、初期段階ではガラス上で結露する水分をフィルム内に吸収(吸湿性)します。さらにフィルム内に吸収できる水分量が飽和すると、表面に水が付着し始め、フィルム表面で水膜を形成(親水性)して視認性を高めることで、ガラスの曇りを防止します。