日本

Open-Karte

NEW

医事・オーダー・電子カルテに加え、看護支援の機能をパッケージ化した中規模病院向け電子カルテ。

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

Open-KarteはDPCに象徴される医療水準の向上と病院経営の安定化に即戦力となる統合システムです。リレーショナルクリニカルパス機能をはじめ、数々の機能とともに、高度な使いやすさと信頼性をご提供します。

オールインワンパッケージ化

Open-Karteは、医事・オーダ・電子カルテに加え、看護支援をパッケージ化しました。
その他にも、薬局、放射線科、リハビリ、透析など、各部門で必要な機能もオプションにてご提供可能です。別途各部門システムを購入する必要がないため、最小限のコストで最適なシステムを実現できます。

Webベースシステム

Open-Karteは、Webというオープンなプラットフォームを採用することでシステムの自由度を高めました。初めてご使用になる方でもインターネットのホームページを閲覧する感覚で簡単に操作いただけます。さらに端末の増設費用もかからず、その上、ユーザはお好きなWindowsPCでOpen-Karteをご利用いただけます。

リレーショナルクリニカルパスの採用

Open-Karteは、大規模病院向けの電子カルテシステムに搭載されているクリニカルパスとオーダとの連動機能を標準搭載。 患者さんの過去の診療履歴とこれからの診療計画が一目で確認できます。

PACS(画像管理システム)とのシームレスな連携

PACSの画像ビューアとの連携により、患者さんのカルテとあわせて簡単に画像を参照いただけます。(オプション)

診療カレンダー機能の搭載!

患者さん一人ひとりに、診療内容が時系列に一目で把握可能な診療カレンダー画面をご用意します。全職員が閲覧可能なため、診療情報のトータルな管理共有を実現し、チーム医療を強力に推進します。

医療スタッフ全員で患者情報を共有できるから医療の質がもっと高く!

  • EBM*1 にもとづくガイドラインを最大限に活用するパス環境。
  • 医師の指示、処置情報をはじめ検査結果や看護情報を医療スタッフ全員で共有。
  • パスをもとにした治療計画やインフォームドコンセントなど、患者さんにやさしい診療。
  • *1 EBM(Evidence Based Medicine)個々の患者さんの診察において、その時点で最良の根拠(Evidence)に基づいて、効果的で質の高い医療を実践するための手段。

パスにもとづきワークフローを自動化するから運営効率がぐっと良く!

  • 依頼表・伝票などの転記作業を無くし、院内ワークフローを自動化。
  • 医事会計や各種オーダをカルテを出発点に自動化。
  • カルテへの処置記載漏れを防ぐ、セット化診療。

独自の機能がさりげなくサポートしてくれるからルーチン業務がますます快適に!

  • 各種情報(診療カレンダーや診療録、看護記録、検温表など)をワンタッチで切り替え表示。
  • 利用シーンを考慮したUI設計により、ストレスフリーな操作性を実現。

各種情報画面に対応したタブをクリックすることで、すばやく画面の切り替えが可能。さらに経過記録の編集中は、記入エリアを保持したまま記録エリアのみ画面を切り替えることができます。

  • * 本機能は特許第4891678号を取得済

受付&待合室

  • 患者IDを入力するだけで患者情報を検索できます。
  • 患者さんのカルテを探す手間を省けます。
  • カルテの保管スペースを縮小できます。
  • 待ち時間などを案内表示することで、患者さんは自分の診療までの時間を把握できます。

診療室

  • クリニカルパスの採用により、ケアプランが明確になり、患者さんへ説明しやすくなります。
  • 患者さんの診療・処方などの各種履歴が簡単に確認できます。
  • 検査データ・画像データを容易に参照でき、さらにオーダした検査の進捗状況もリアルタイムで確認できます。
  • SOAP*2 形式での読みやすいカルテを短時間で作成可能です。
  • 検査依頼表や指示表を書く手間が省けます。
  • 履歴からのDO入力やセットオーダにより、効率化が図れ、請求モレも防げます。
  • 検査の空き状況をその場で確認可能です。

    *2 カルテの記載方法のスタイル
       (S:Subjective≪主訴≫・O:Objective≪観察≫・A:Assesment≪診断≫・P:Plan≪治療計画≫)

画像診断部&監査室

  • 当日の検査を一目で確認でき、計画的に検査を進められます。
  • 患者さんの検査履歴や病状を確認でき、適確な検査を行えます。
  • 患者IDなどの入力の手間とミスがなくなります。

病棟

  • 患者さんの個人情報やケアプランがベッドサイドで確認できます。
  • 計測したバイタルサイン・処置をその場で入力し、看護記録として保管できます。
  • 患者さんの情報検索が簡単に行え、病室はもちろん、外出、外泊などの現在状況がすぐに確認できます。
  • 回診の際すべてのカルテを持ち歩く必要がなくなります。
  • 情報が共有できるので申し送り時間が大幅に短縮できます。
  • ベッドの空き状況などが一目で確認できます。
  • 検体用ラベルが作成でき、検査準備がスムーズになるほか、記入ミスも防止できます。

会計&医事課

  • 保険点数が自動計算されるため、入力の手間を削減できます。
  • 患者さんの待ち時間を短縮できます。

薬局

  • 患者さんの処方履歴や病状を一目で確認でき、適確な処方を行えます。
  • 患者さんの待ち時間を短縮できます。

院外

提携先の診療所から検査予約ができ、検査結果も参照できます。

医療分析(オプション)

Open-Karteにデータ分析ソフトウェアを足し算することにより、多角的なデータ分析を可能とし、医療の質向上に貢献します。

医療情報と医事会計情報を統合!

日々蓄積される医療情報と医事会計情報を統合し、様々な集計や検索など病院の経営・診療に関する柔軟な分析環境を提供します。

  • *3 FIM値
    移動、食事、入浴など生活を営むうえで、不可欠な基本的行動である日常生活動作(ADL)を数値化して評価する指標の1つ。

院内の「困った」を解決!

「医療分析ソリューション」は、回復期・地域包括ケアシステムを担う中小規模病院の医療従事者の負担軽減を支援します。特に回復期リハビリテーション病棟を持つ施設向けにアウトカム評価の報告に必要な「実績指数*4」の算定を支援します。

  • *4 実績指数
    入院から退院までの間のADLの改善状況と、在院日数に着目し、回復期リハビリテーション病棟を評価する指数。2016年度の診療報酬改定で、実績指数の公表が義務付けられました。

ソリューション内容

多くの医療機関で一般的に使用されている経営指標を分析テンプレートとして搭載しており、導入後すぐにご利用いただけます。

分析テンプレート

①延患者数・実患者数
②病床稼働率・入院患者数
③外来患者数・新入院患者数
④患者1人当たり単価
⑤患者1日当たり単価
⑥平均在院日数
⑦アウトカム評価実績指数

効 果

  • 病名別、診療行為別、時系列別など、柔軟な切り口による分析が可能
  • リアルタイム集計と集計結果のみえる化により、基準値を下回るなどの変化にいち早く対処が可能
  • 蓄積したデータをもとにシミュレーション(仮の算定)が可能
  • * 画面デザインおよび仕様については改良のため変更されることがあります。

画面上で病名や診療科などの条件を選択すると、直ちに絞り込んだ条件が表やグラフに反映され、快適な操作性で分析の結果を閲覧できます。