日本

LiLiby QSM

NEW

MRI装置で得られた情報をさらに解析処理して、診療のために提供するプログラムです。

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

LiLiby QSMは、MRI装置で得られた情報をさらに解析処理して、診療のために提供するプログラムです。
MRI装置で得られた位相画像および絶対値画像を画像処理し、組織間の磁化率の差を画素値に反映させたQSM画像を生成できます。

LiLiby QSMの臨床応用

健常
脳アミロイドアンギオパチー
脳腫瘍(QSM画像)
脳腫瘍(T2*強調画像*1
多発性硬化症(QSM画像)
多発性硬化症(FLAIR画像*1
  • *1 T2*強調画像とFLAIR画像は比較のために掲載しており、LiLiby QSMで生成された画像ではありません。

販売名

画像診断支援ソフトウェアLiLiby QSM

医療機器認証番号

302ABBZX00008000

製造販売業者

富士フイルムヘルスケア株式会社

  • * LiLibyは富士フイルムヘルスケア株式会社の登録商標です。