日本

被ばく線量管理システム

ShadeQuest/DoseMonitor

NEW

既存PACS/RISと密な連携をおこない、適正な撮影と最適な線量における撮影支援を目指したシステム。

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

被ばく線量管理システム

*1 対応予定

システム連携概要

DICOM RDSRを活用した線量情報収集

線量情報の取り込みは、施設毎の装置の性能や既存システムの環境などにより異なります。ShadeQuest/DoseMonitorは、当社画像情報統合サーバ「ShadeQuest/Serv」によるDICOM RDSR受信をはじめとし、環境に適した様々な手法で線量データ取り込みをおこないます。

診断RIS連携による情報収集

患者プロファイル情報、オーダ情報、撮影実施情報は放射線部門業務システム「ShadeQuest/RIS」(診断RIS)と連携し、情報取得をおこないます。また、装置がRDSR非対応で、DICOM MPPSで線量情報を出力できる場合などは、診断RIS連携により線量情報の取込みを行うことも可能です。

核医学の線量管理

核医学分野では、CT装置やXA装置とは異なり、X線を使用しないことから、装置本体が線量情報を出力する際、DICOM RRDSR(Radiopharmaceutical Radiation Dose)規格に準じその出力をおこないますが、RRDSR出力可能な環境が少数であることから、ShadeQuest/DoseMonitorは、RISオプションの核医学業務支援システム(RI薬品管理)や検査時の情報をRIS実施画面で入力された実投与量を取込み管理をおこないます。データは通常業務フローで登録されますので、線量管理システムで新たにデータ登録の必要がありません。

活用データベースの構築

PACS、診断RISから取得した線量情報と、患者情報、撮影実施情報などのデータを紐付けし活用データベースを構築します。

最適な線量管理を支援する画面構築

線量情報管理に必要となる患者単位、検査プロトコル単位の画面から、身長・体重などの患者プロファイル情報やプロトコル名称などで情報検索し線量情報の確認ができます。また、撮影プロトコル毎の線量と診断参考レベルDRLとのグラフによる比較表示、閾値超えアラートや、箱ひげ図、散布図などの表示ができます。

患者単位画面

オーダ(撮影)毎の線量情報を表示します。検査の選択によりシリーズ毎の線量情報を展開表示します。特定の患者や特定オーダの線量詳細情報を確認する際に使用します。また本画面から線量情報レポートの表示をおこないます。

プロトコル単位画面

身長、体重、依頼医などで検索をおこない、絞られた情報からグラフ表示に展開し、照射線量を確認します。プロトコル毎に線量の確認ができますので、日々の業務フローの一環で線量チェックをおこないます。

グラフ表示

グラフ表示は、棒グラフ/箱ひげ図/散布図の3種類があります。線量を確認する用途により使い分けをおこないます。

棒グラフ

指定期間内における線量を表示します。照射線量とDRLsの基準値と比較し、基準値超えた照射の割合や、その理由を確認します。基準値オーバの割合が相対的に確認できるため、日々の確認で各撮影担当技師が使う最も使用頻度の高い確認手段です。マウスオーバーによりRISの患者プロファイル情報表示や、画像ビューアと連携し、DICOM画像を表示し、画像を使い線量確認ができます。

箱ひげ図

DRLsの75%タイル値と比較し、自施設の中央値(median)がその範囲内にあるかを確認します。75%タイル値が警告線になり、その差を相対的に確認します。プロトコルの見直し前後で比較し、見直し後の値が適正かを判断できます。主に院内で見直しをおこなうチームで使用します。

散布図

横軸を体重、年齢を選択し、それぞれによる線量のばらつき(分布)を相対的に確認します。装置毎に色替え表示ができますので、装置毎の特性や同一検査(プロトコル)の比較をおこないます。主に撮影担当技師がプロトコル見直し時に確認します。

製造元

富士フイルム医療ソリューションズ株式会社