日本

放射線読影レポートシステム

F-Report

NEW

さまざまな読影レポート作成支援ツールにより、正確で分かりやすいレポートの作成を支援。

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

フィルムレスによる画像診断の普及に伴い、読影医は質の高いレポートを迅速に提供することが求められています。
F-Reportは、さまざまな読影レポート作成支援ツールにより、正確で分かりやすいレポートの効率的作成を支援。
レポートの記入のみならず、過去レポート検索など蓄積された情報を活用できる機能も充実しています。
高機能なレポーティングシステム“F-Report”が、読影医のさまざまなご要望におこたえします。

操作性を追及したデザイン

画面上に必要なコンテンツを自由に配置したり、あまり使用しないものは必要な時にのみ表示するなど、利用者の使い勝手に合わせた変更を簡単に行うことが可能です。
また、ショートカットキーやポップアップメニューからの操作を強化し、モニタのワイド化・高精細化によるマウス操作の負担を軽減しています。

多彩なレポート入力機能

フリーテキスト入力によるレポート作成のほか、検査ごとに最適な入力テンプレートの利用が可能です。 シェーマをクリックすることにより関心領域を塗りつぶすクリッカブルシェーマテンプレートにも対応し、放射線科以外の部門におけるレポーティングも強力にサポートします。
また、入力内容によって動的に変化するテンプレートや、テンプレートに入力された値をもとに計算を行うボタンも利用することができ、業務の効率化・標準化が可能です。

レポート作成支援ツール

  • パターン文章
  • 過去レポートからの流用
  • 更新履歴での比較表示
  • 申し送りコメント/差し戻しコメント

次の読影者に申し送りコメントを通知することや、差し戻し時にコメントを通知することが可能です。

レポート検索機能

入力された内容すべてに対して全文検索が可能です。多彩な検索方法により、必要なレポートを素早く・確実に見つけることが可能です。検索結果からレポート分類、リスト出力することも可能です。

院内レポート配信

記入したレポートを院内にWEB配信することが可能です。
電子カルテなどとのリンクにより、レポートの効率的な利用につながります。レポート参照状況の入力も可能です。

  • * 掲載されているすべての社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

  • * オプション機能が含まれております。

  • * 掲載している画面は開発途中のものであり、実際の製品とは異なることがあります。

製品名

放射線読影レポートシステム F-Report