日本

ポータブルエコーのインタビュー

大学病院の新たなスタンダードに
ポケットサイズのワイヤレスエコーでの腹部診断

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

医師 / 消化器内科
横浜市立大学付属病院 次世代臨床研究センター
教育研修室 肝胆膵消化器病学教室
三澤 昇 先生

多くの医療関係者は、超音波検査といえばスクリーニング検査を連想するかと思います。一方、ポケットエコーの目的はポイントオブケアです。検査室で行う検査とは異なり、日々の診察の中で患者さんと対話しながら使用するコミュニケーションを主体とするエコーであるとも言えます。

ポケットエコーのある日常は、患者さんだけでなく、医師をもしあわせにすることがわかりました。それは消化器内科の「伸びしろ」であると感じています。

私は、横浜市立大学付属病院の消化器内科・消化管グループに勤務し、「外来」「病棟」「内視鏡」の3本柱で診療しています。患者さんは老若男女問わず、20代から90代まで。専門領域は食道、胃、小腸・大腸、悪性腫瘍や機能性消化管疾患も診ています。担当している患者数は外来(9時~12時)で約20人、病棟では消化管グループの医師数名で、10~15人診ています。

これまで、外来や病棟でのエコーの使用頻度は、週2-3回程度。症状として多いのは、急性腹症ですが、便秘や下痢の機能性消化管疾患の患者さんにもエコーを当ててどういう所見があるのかを探していました。

エコーの使用頻度としては、決して多い方ではありませんでした。理由は、消化器内科にかかる患者さんは緊急性が高いケースが多く、「疑わしければCT」という文化があるためです。

ただし、この文化に100%満足しているわけではありません。エコーはもっとも侵襲性の低い検査です。安全性という点で、我々はエコーを信頼しており、これまで以上に使用頻度をあげられたら、必要のないCT検査が減らせるかもしれません。そんな背景を踏まえ、今回ポケットエコーを導入し、様々な可能性を見いだすことができました。

最大のメリットは、スムーズにエコー検査が行えることです。

診察結果は、口頭中心で説明していました。特に病棟においては、口頭で「よくなりましたよ」と簡単にお伝えさせていただくことも多く。
それを、患者さんにポケットエコーをお腹に当てながら「お腹の水がないですよね」と一歩踏み込んだ説明をすることで、患者さんは納得感・満足感を得ることができます。

多くの患者さんは、「お腹の超音波」=「大きな機械を使って検査室でやる検査」だと思っています。ワイヤレスの最新のエコーをお見せすると、驚かれますし、一人ひとり丁寧に診察してくれていたという印象を持たれるようで、「ありがとう」とお礼を言われることもあります。患者さんの満足度は高く、医師・医療関係者の信頼に寄与していると感じています。

スクリーニング検査だと、時間がかかりますが、ポケットエコーでPOC検査する分には、短時間で気軽に行えます。ポータブル、ワイヤレスというお手軽感で、患者さんも身構えている感じがありませんし、「ちょっと軽く当ててみましょうか」みたいに促せるのは、医師にとってもありがたいことです。

また、病棟でのメリットは、「装置の移動」から解放されること。ベッドサイドでエコーを当てる際、これまでのように大きく重いエコーをガラガラ運んでくるのは手間です。狭いベッドサイドですと、電源の確保にも一苦労ですし、やっと設置できたと思ったら、今度は起動に時間がかかる。一方、ポケットエコーには短時間で起動できるものが多く、どこにでも携帯できます。ワイヤレスなので、バッテリーが気になるところですが、私が使用しているのもは長時間持続するので安心です。もちろん、肝心なのは画質でしょう。消化器で一般的に多いのは、コンベックスとマイクロコンベックスの2種。診るときはコンベックスで、穿刺系などの処置するときはマイクロコンベックスが選ばれる傾向にあります。ポケットエコーでも、消化器を診るなら、コンベックスがいいと思います。一度この快適さに慣れてしまうと、不便だった過去には戻れなくなるかもしれません。

冒頭で、伸び代があると感じている、と述べました。それは消化器に限ったことではありません。何しろ“快適”なので、研修医への指導頻度も増えるでしょう。場所を問わずパッと起動させて、患部に当てながら説明できるので、時短になる点でも優れています。
院内で、会話が増え、職場のコミュニケーション活性化も期待できるはずです。

大学病院規模だと、研修医用のポータブルエコーを導入しているケースもあるかと思いますが、ポケットエコーは中小規模のシニアレジデントや初期研修医の指導用に適していると思います。エコーは長く重宝することを思えば、導入コストは、近い将来ペイできるかと。ポケットエコーで、医療現場は昇華するのではないか。そんな可能性すら感じています。