日本

ポータブルエコーのインタビュー

「便秘評価におけるエコーの活用とポリファーマシーへの取り組み」前編

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

この記事では、在宅医療で超音波診断装置(ポータブルエコー)を活用して診断した症例について宮原 光興先生にお話を伺いました。今回は、神奈川県にお住まいの80代男性の症例です。

住まい:神奈川県
性別:男性
年齢:80代前半
家族構成:一人暮らし
病状の概要:胃がん、胃がん手術後に高血圧、高コレステロール血症、認知症、不眠症

担当している神奈川県在住の80代男性の佐々木雄三さん(仮名)は、一人暮らしの方で、いつもお腹が張っていて痛いと言っていました。佐々木さんは以前、胃がんの手術をしていて、手術後は高血圧、高コレステロール血症、認知症と不眠症を患っていました。

そのため薬の処方も多く、中には便が出にくくなる副作用がある薬もありました。そもそも、便秘の症状を副作用に持っている薬はとても多いです。例えば、睡眠薬や血圧を下げる薬も便秘になりやすい成分が入っています。佐々木さんはその両方の薬を飲んでいたということもあり、お通じが出にくくなっていました。

一口に便秘と言っても、様々な理由が考えられます。手術後に「お通じが出ない」となった時、一番危険なのは腸閉塞です。手術で腹部を切開すると、腸で癒着が起きてしまうことがあります。

診察において大事なことは、患者本人のお話です。また、周りで介護をされている方からの話も欠かせません。「お通じは出るけど毎回硬い」、「お通じを1回出すのにかなり時間がかかる」などの情報があると、診断の際に役立つことが多いです。

しかし、佐々木さんは認知症の傾向がありました。問診において正確な情報を得ることが難しく、また、ご家族がいなので周りからの多角的な情報は得られませんでした。

レントゲンを撮ることが出来ればいいのですが、そのためには毎回病院へ足を運ばないといけません。在宅医療を希望する方は、基本的に通院が困難な患者です。その方たちに「一度レントゲンを撮りに病院に行ってください」とはなかなか言いづらいのが現状です。

診察の基本は、お腹の音を聞くことです。その上で、指を入れて摘便をするか、ポータブルエコーでお腹の状態を見るかという選択肢があります。その場合、後者の方が患者の身体的・心理的負担が少ないと考えます。

ただ、これまではお通じが出ないことに対して、ポータブルエコーを活用する事例は少数でした。それでもポータブルエコーを活用しようと思った理由は、「緊急性」を疑ったからです。もし腸閉塞の可能性があったら、一刻を争わないといけません。

腸閉塞か否かは、ポータブルエコーを活用すればすぐに確認することができます。そのため、診断のためではなく、緊急性があるかどうかの判断のために、今回はポータブルエコーを活用することを決断しました。

それでは、次のページで、佐々木さんにポータブルエコーを活用した結果とその効果、活用のポイントについてご紹介します。

医師 / 在宅
一般社団法人medX 神田川訪問診療所 診療部長/悠翔会在宅クリニック川崎 前院長
宮原 光興 先生

出身大学:東京医科大学

主な経歴:東京都済生会中央病院、東京警察病院、東京医科大学病院など

専門(学会等):日本外科学会認定外科専門医、日本外科学会、日本消化器内視鏡学会、日本大腸肛門病学会、日本消化管学会

在宅医療に関わるきっかけ:これまで外科医として手術、化学療法などに携わっていました。そのような中、独居であった祖母が認知症、がんとなり、自宅での療養を開始しました。医師でありながら、自宅療養のリアルなイメージがつかず、また適切なサービスを提案できなかった経験が、在宅医療を始めるきっかけになりました。

患者さまの人生に寄り添うには、病院だけでも在宅だけでも十分とはいえず、状況に応じたスムーズな連携が重要だと考えます。私は現在でも在宅医療に加え週1回の病院勤務を通じて、病院・在宅の両面から患者さまをサポートする努力をしております。