日本

ポータブルエコーのインタビュー

カメラ画像とエコー画像で、より的確な診断・コンサルテーションを皮膚科専門医によるポータブルエコー活用

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

この記事では、ポータブルエコーの活用法をご紹介します。今回は、皮膚科医の倉繁祐太先生(44)です。

群馬県前橋市の「倉繁皮ふ科医院」の副院長を勤めています。乳児から高齢者の方まで、幅広い年代の方が来院しています。

皮膚科の診療では、文章のみで皮疹の性状を表現することが困難ですので、臨床写真を日常的に撮影します。皮疹の経過を確認する上で重要な記録となりますし、皮膚腫瘍などの手術を行う際は術前の状態を撮影します。また患者さんを他の病院へ紹介する場合などは、診療情報提供書に臨床写真を添付することもあります。

これまではデジタルカメラやダーモスコピー検査などで撮影した臨床写真のデータと患者さんのIDを紐付け、電子カルテやクラウド上に保存していました。

皮膚科の診療では、粉瘤(表皮嚢腫)などの皮膚・皮下腫瘍の性状を観察する場合や、皮下膿瘍の有無を確認する場合などにエコーを使用します。今回、ポータブルエコーを活用して感じた利便性が3点あります。1つは、スマートフォンと同じように1台に複数の機能が備わっていること。ポータブルエコーを手に持った状態で、エコーによる「診察」とカメラの「撮影」を1台で同時に行うことができる点に利便性を感じています。

2つ目は、撮影後にフォルダが自動作成され、その中に撮影した写真が自動保存されること。これまではデジタルカメラやダーモスコピーで撮影した臨床写真を分類し、患者さんのIDとの紐付け作業を行っていましたが、ポータブルエコーでエコー画像とカメラ画像を撮影すると、患者ID・検査日ごとにフォルダが作成され保存されるので、管理がとても楽になります。

私たちのクリニックは少人数のスタッフで診察を行っているため、忙しい中で臨床写真を管理する作業を行うことが私自身やスタッフの負担になっていました。そのため、撮影して保存できる機能があることは有用だと考えます。

3つ目は、診察時にポータブルエコーで撮影したエコー画像を患者さんに提示しやすく、それを見て患者さんの納得感が高まること。これまで口頭で所見を説明するのみでしたが、「この“しこり”は袋のような形をしていて、その中に膿が溜まっているようなので、この膿を出す処置をしましょう」と提示できますし、医師としてもより説得力の高い説明ができます。

現在、私はクリニックでの診療の他に、月に1回在宅医療を行う機会があります。在宅医療においても、ポータブルエコーを持参することでさまざまな情報を得ることができます。

在宅医療で診療する機会が多い疾患は、湿疹・皮膚炎や褥瘡です。その他、皮膚腫瘍がある患者さんから「これは何ですか」と言われることがあります。粉瘤であることが多いので、エコーがあるとより深い診察と明確な回答ができ、特に皮膚がんなどを心配している患者さんには安心感を与えることができます。

また、現在は新型コロナウイルスの感染拡大のさなかですが、ポータブルエコーはアルコール綿での消毒が可能です。ポケットに収まる小型サイズで、且つ凹凸がない仕様のため、清潔に保つのが容易だと感じます。

【病変】
背部の皮膚石灰沈着症

【エコー所見】

  • 表皮下に境界不明瞭な高エコー領域
  • 音響陰影あり

【評価】
臨床像は粉瘤に類似しているが、エコー所見から明確に区別できる

カメラ画像

エコー画像

今後の在宅医療の展望としては、非専門医が皮膚腫瘍についてコンサルトする場合に、カメラ画像に加えてポータブルエコーで撮影した超音波画像を皮膚科専門医が評価することで、従来よりも的確な診断が可能になると考えます。

現在でも他科の医師が撮影した皮膚疾患の臨床写真についてコメントを求められる機会が多いのですが、皮膚疾患の診断において重要な触診ができないため、臨床写真だけでは高い精度で診断を行うことが難しいのが現状です。もしポータブルエコーの画像で腫瘍内部の構造がわかれば、「これは粉瘤でしょう」「これは良性腫瘍でしょう」など、より明確にコメントできるでしょう。在宅医療の領域で非専門医から皮膚腫瘍のコンサルテーションを依頼された場合に、カメラ画像とエコー画像の両方のデータがあれば、皮膚科専門医はより明確な回答できると考えます。

医師 / 皮膚科
倉繁皮ふ科医院 副院長
倉繁 祐太 氏

出身大学
東海大学医学部卒業、東京医科大学大学院医学研究科修了(博士・医学)

主な経歴
東京医科大学(助教)、東海大学医学部付属病院(講師)、TMGあさか医療センターなど

専門(学会等)
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本褥瘡学会認定褥瘡認定医師、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本臨床皮膚外科学会専門医

皮膚科医を志したきっかけ
医学生時代の臨床実習で、皮膚科学に強い興味を持ったことがきっかけです。皮膚疾患の診断は、熟練した“皮膚科医としての目”を必要とする、まさに“匠の技”であり、皮膚科医として18年経った現在でも、修練を重ねる毎日です。一方で皮膚科学は皮膚外科手術や皮膚病理診断などの幅広い分野を網羅した学問であり、視診・触診による臨床診断にはじまり、エコーなどによる画像診断、手術による病変の摘出・治療、病理組織による確定診断までをすべて網羅しています。そのため一人の患者さんに対して、初診から治療を終えるまで一貫して関わることができる点が大きな魅力です。

これまでは大規模な病院の勤務医として、皮膚がんの手術や薬物治療、褥瘡診療などを含む皮膚疾患全般の臨床業務を行ってきました。近年はポータブルエコーが身近な存在になったこともあり、皮膚疾患に対して、クリニックや在宅においても今まで以上に高度な診療ができるようになりました。そこで、より幅広い患者さんの診療に携わりたいと考え、母が院長を務めるクリニックに入職して地域医療に邁進しています。また、月1回在宅医療に従事しており、今後も皮膚科医として自身が活躍できるフィールドを拡げたいと考えています。