日本

動物医療ライブラリ

富士フイルムの講演動画 申し込み

このコンテンツは獣医療従事者向けの内容です。

血液バイオマーカーを心筋症猫の診察にどう活用すべきか?

北海道大学大学院獣医学研究院 
獣医内科学教室 
演者:中村 健介 先生

【概要】
ANP、NTproBNP、トロポニン、いずれも本邦で測定可能な心臓の血液バイオマーカーですが、どれを、いつ、何のために測定するのか、明確に説明できますか? 
「私は心エコーができるから必要ありません」、本当にそうですか? 
心エコーが得意な獣医師と、そうでない獣医師、双方でバイオマーカーの位置づけは当然異なって然るべきですが、心エコーで見えるものと、バイオマーカーで見えるもの、本当に同じですか?

以下の項目に必要事項をご記入後、「次へ」ボタンをクリックしてください。
*必須】の項目は必ずご記入ください。

ご利用いただく際には、以下の点にご注意ください。
  • 本ページは、富士フイルム株式会社が管理するシステムを通じて、富士フイルムVETシステムズ株式会社が運用しております。
個人情報のお取り扱いについて

お客さまにご記入いただいたお名前・電話番号・E-mailアドレスなどの個人情報は、富士フイルムVETシステムズ株式会社からの、製品・サービスに関する情報提供のために利用いたします。当社製品・サービスを提供する当社グループ会社にて対応することが適当と判断した場合、お客さまの個人情報を当社グループ会社に開示することがありますので、あらかじめご了承ください。

メールでのご案内の配信停止を希望される方はこちらからご連絡ください。