日本

病院層向けリモートサービス ACTIVE LINE

NEW

安全性の高いインターネット回線を利用した安心・安全のリモートサポートサービス。

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

機器やシステムが高い性能を十分に発揮し続けること。
故障もなく安心してお使いいただけること。
医療現場においては、この状態が当り前でなくてはなりません。
富士フイルムメディカルのサービスエンジニアは、自らも医療に携わっているという強い自覚を持ってお客さまとお客さまの機器やシステムから離れることなく、常に最高品質のサービス&サポートを提供しています。

装置からの情報を自動解析 予兆監視

装置終了時にログデータをサーバーにアップロードして自動解析を行い、機器停止につながるようなエラーがないか監視します。故障予兆が確認されたらテクニカルサポートセンターから、各担当サービスセンターに連絡して迅速に対応いたします。

ウイルス感染を未然に防止 アンチウイルスソフト

アンチウイルスソフトを標準で導入し、施設の内外からのウイルス感染を防ぎます。またデータセンターのサーバーからパターンファイルが送信されて自動で更新されますので、常に最新の状態でご利用いただけます。

毎月1回の定期点検で故障を予防 リモート定期点検

毎月1回、お客さまの装置をサーバーで自動解析して状態を診断します。レポートはお客さまの装置に自動送信・保存されますので、いつでも装置の状態を把握することができます。

突発的な故障も短時間で対応 修理時間短縮

万が一故障が発生した場合も、必要なログをリモートで収集し、故障原因を訪問前に推測することができます。修理時間を短縮することで、お客さまの機器に稼働時間の拡大をご提供します。

操作方法を分かりやすく説明 リモート操作支援

お客さまからの電話お問合せに対して、リモートデスクトップ機能を使用し、オペレーターがお客さまの機器の画面を共有して分かりやすく操作説明を行います。

正確な検査情報を得るために 自動時刻調整

正確な検査情報を得るために装置の内蔵時計をデータセンターのタイムサーバーと同期させ、大切な患者さんの情報を常に正確に保ちます。