日本

監査支援システム

薬剤師が患者に薬剤を渡す際に種類や数量に間違いないか確認する監査業務をサポートするシステムです。

より効率的な薬剤監査を目指して

調剤薬局において、患者と向き合う対人業務が重視されるなか、ピッキングや調剤、薬剤監査などの対物業務には効率性が求められます。なかでも薬剤の監査業務は正確性も求められ、薬剤師には負荷のかかる業務です。薬剤監査支援ソリューション(「PROOFIT」「PROOFIT 1D」)は、富士フイルム独自の画像処理技術を生かして、これまで薬剤師が目視で監査してきた薬剤の種類や数量などを自動判定し、効率的な監査業務を支援します。また、高精度な判定により、安心・安全な薬剤の提供に貢献します。

「PROOFIT」「PROOFIT 1D」では薬剤の画像を撮影し、画像処理技術で薬種や数量などを迅速に、確実に自動判定。煩わしい薬剤の監査業務がよりスムーズに行えます。

撮影された監査画像は、専用データベースに一定期間保存されるため、患者から問い合わせがあった際に参照することができ、不安解消に役立ちます。

「PROOFIT」「PROOFIT 1D」は、セキュアな通信機能を搭載した専用回線を通じて、医薬品の画像マスタ登録や更新作業が自動的に行われるため、メンテナンスが不要です。