日本

一包化監査支援システム

PROOFIT 1D

NEW

薬剤の飲み忘れや飲み間違いを防止し、薬剤師の監査業務を支援するシステム。薬剤の一包化ニーズに対応。

「PROOFIT 1D」の操作は、いたって簡単!

STEP1:患者選択

レセコン入力された情報が、待機患者一覧として画面表示されます。機械監査を始める患者を選択します。
過去の監査記録からデータを呼び出すことも可能です。

STEP2:分包情報確認・編集

レセコン入力された患者の処方情報と分包情報を確認します。加えて「ラベル確認」ボタンを押し、指定するラベルフォーマットを確認ください。
必要に応じて分包情報を確認し、編集を行います。分包内容が正しければ、「監査読込」ボタンを選択します。

STEP3:読み込み

「分包品をセットしてください」のメッセージが表示されたら、一包化された薬剤を1D本体中央にある挿入口にセットします。自動的に読み込みが開始され機械監査が開始されます。
包の撮影、薬剤の照合、異物検出、自動的にラベルの貼付が行われます。

STEP4:機械監査

照合結果を一覧表示し、監査を行います。
不明物(異種薬剤、数量過多、立ち錠、異物等)が認識された場合には、一覧画面の上部に画像表示されますので、不明物の目視監査や一包化された薬剤との紐付けを行ってください。まき直しが必要な場合は、再分包の範囲を指定後、再読み込みを行うことができます。

STEP5:監査完了、監査記録保管

すべての分包品/包を問題なしと判断されたら、画面右上の「監査完了」ボタンを押し、監査を終了します。
監査記録は保管されます。問い合わせの際に、監査記録の画像を呼び出して確認、印刷することが可能になります。