日本

ARIETTA 750SE

NEW

高画質とスムーズなワークフローをサポートする機能で生活習慣病をはじめとした各種疾患の早期発見に寄与。

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

ARIETTA 750SEの高精細な診断画像は、詳細な胎児形態検査を可能にします。
さらに、独自のアプリケーションによってさまざまな診断情報を提供。
早期診断・治療をサポートし、被検者にも使う人にも安心を届けます。

SEAMLESS WORKFLOW

Auto EFW*1

Estimated Fetal Weight(EFW)の計測時に、計測対象の特徴を自動で解析し計測点を設定します。
スムーズな計測をアシストします。

YOUR APPLICATION

4Dshading/4Dtranslucence/Curved MPR*1

4Dshadingは照明を当てた時のような自然な影をリアルに表現するモードです。
4Dtranslucenceにより境界を抽出して重畳表示することで、脳内、消化管などの内腔構造の描出が可能になります。また、Curved MPRは任意の曲線上の断面を表示します。背骨や子宮など湾曲した断面の表示が可能です。

Spatio-temporal Image Correlation(STIC)*1

スキャン中に得られた収集データから、1心拍分のボリュームデータを構築します。
心臓の動きを観察することができ、立体構造の把握に有用です。

Dual Gate Doppler

同一断面で2箇所のドプラ波形を観察できます。胎児不整脈の評価において、従来法と比べ心房収縮および心室収縮のリズムの評価を簡便に行うことができます。

  • *1 オプション