日本

タブレット型超音波画像診断装置

SonoSite iViz

NEW

院内外様々なシーンで使用できる高画質タブレットエコー

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

最適なイメージを迅速に描出する画像処理機能を兼ね備え、
臨床現場の多様なニーズに応える“モバイルソリューション”を提供します。

* 画面をクリックするとムービーが再生されます。音声が出ますのでボリュームにご注意ください。

安心してお使いいただける3年保証

SonoSite iViz超音波画像診断装置には標準の保証が付属します。

  • * お客さまの過失による故障は保証対象外です。

親指のみで調整、操作性を追求した新インターフェース

デプス、ゲイン、スケールなどを、親指一本で制御可能。プローブ使用時など、片手が塞がっている状況での操作性を追求しました。

直感的に扱える液晶タッチスクリーン

スマートフォンと同じような操作感で、指先を動かすだけで画像を拡大させたり、表示範囲の変更などの各種操作をすることができます。

画面の拡大・縮小方法は、スマートフォンと同じ

Mモードの位置決めは、指をスライドするだけ

サイズ計測は指先で両端を選択

ROIの位置・サイズも自由自在

いつでも、どこでも。あらゆる臨床現場へ

軽量・コンパクトで携帯しやすい

重量585g、外寸18.3×11.7×2.7cmで、ポケットに入れて 持ち運びが可能。臨床現場で高い機動力を発揮します。

64GBの大容量メモリ内蔵

約70,000枚分の画像を保存できるメモリを内蔵。豊富な画像を参照可能で、ストレージへの転送作業も低減できます。

バッテリ3本と専用充電器が標準付属

常時稼働が可能な交換式バッテリ

交換式バッテリを搭載し、約1時間(スタンバイ状態で約8時間)使用が可能。充電によるダウンタイムをなくします。

優れた耐久性、耐衝撃性

コンパクトながら、確かなイメージクオリティ

イメージをオプティマイズ

観察深度に合わせた画質設定をワンタッチで選択。見たい画像をいち早く導き出すことができ、診療の質・スピードを高めます。

ワークフローを円滑にする、多彩な機能

動画で学習をサポート

本体に内蔵された動画で使い方を確認できるほか、専用サーバーにアクセスすることで豊富なクリニカル画像を参照可能。効率的に操作スキルの向上に寄与します。

マイクロフォン内蔵カメラ機能で状況記録

動画/静止画に対応するカメラ機能を搭載。被検者の状態や臨床現場の様子を逐次記録することができます。

多様な情報を収集するバーコードリーダー機能*1

  • *1 バーコードの規格によっては読み取りできない場合がございます。

Wi-Fiによるデータ通信

Wi-Fiを使用して、検査画像(DICOM)を送信することが可能です。