日本

ポータブルエコーの使用事例

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

資料のお申込みありがとうございました。
「コンテンツを見る」ボタンより、各コンテンツをご覧ください。

在宅医療の現場を変える!?
ポケットサイズの腹部ワイヤレスエコー

悠翔会在宅クリニック川崎
宮原 光興 院長

高齢人口の急速な増加に伴い、在宅医療の現場に求められる医療レベルは高まり続けています。そんな中で、在宅医療に欠かせないものとして、今、ポケットサイズの超音波機器が注目を集めています。

在宅

ベッドサイドで問題解決・患者さんの苦痛軽減に
看護の現場におけるポータブルエコー活用

京都民医連中央病院
看護師堀江 晃 さん
看護師塚本 悠季 さん

疑わしいと思った部位にさっとプローブをあてて体の内部の画像をチェックできるポータブルエコーは、正確なアセスメントのために非常に役立っています。

看護

医療過疎を救う!
ポケットサイズの腹部ワイヤレスエコーの可能性

真鶴町国民健康保険診療所
川﨑 英司 先生

超高齢化社会が進む中、医療過疎の地における外来診療および在宅医療の現場で、柔軟な対応が求められています。私は「なんでも診る」スタンスで日々の診察にあたっているため、場所を選ばず、簡単・スピーディに利用できるポケットサイズの超音波画像診断装置に関心を持っていました。

診療所

総合診療科で活用されるワイヤレスエコー
~POC超音波で診断の精度や患者満足度が向上

豊田地域医療センター
上松 東宏 先生

総合診療科でPOC超音波が必要とされる場面は外来、病棟、在宅とさまざま。その中で求められているのは、どこにでも手軽に持ち運んで使用できる小型・軽量の装置です。

総合診療科

大学病院の新たなスタンダードに
ポケットサイズの腹部ワイヤレスエコー

横浜市立大学付属病院 次世代臨床研究センター 教育研修室 肝胆膵消化器病学教室
三澤 昇 先生

多くの医療関係者は、超音波検査といえばスクリーニング検査を連想するかと思います。一方、ポケットエコーの目的はポイントオブケアです。検査室で行う検査とは異なり、日々の診察の中で患者さんと対話しながら使用するコミュニケーションを主体とするエコーであるとも言えます。

消化器内科

医師の「手」と「目」を延長する
ポケットサイズの腹部ワイヤレスエコー

医療法人社団 千優会 藤沢在宅クリニック 院長
米田 浩基 先生

ポケットタイプの腹部ワイヤレスエコーは、私にとって、正確で迅速な判断をするために欠くことのできないツール。聴診器を首にかけ、白衣の左ポケットにはスマホサイズの本体を、右ポケットにはプローブを入れて、毎日仕事をしています。

在宅

ポイントオブケアで活用されるワイヤレスエコー 
~問診・触診を補い、診断の精度向上をサポート

一関市国民健康保険藤沢病院
佐藤 元美 先生

近年、エコーはさまざまな医療シーンで活用され、検査技師のみならず医師や看護師がエコーを用いる機会も増えています。このような使用シーン、使用者の広がりの中で、エコー検査の目的や性質にも違いが生まれてきています。

総合診療科