日本

ワイヤレス超音波画像診断装置

iViz air コンベックス

NEW

膀胱尿量自動計測機能搭載 ワイヤレス ポータブルエコー

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

  • 本動画は概要説明です。ご使用前には、ユーザーガイド・添付文書を必ず確認してください。
  • 注釈のないものは、コンベックスプローブとリニアプローブ共通の操作です。
  • 製品には汎用のタブレット表示器を使用しているため、外観や仕様などが予告なく変更されることがあります。

検査準備

充電する
① タブレット表示器
② プローブ
電源を入れる
③ タブレット表示器
④ プローブ
電源を切る
⑤ タブレット表示器
⑥ プローブ
【参考】プローブのランプ

  • * 新品のバッテリー、常温、デフォルト設定、バッテリーフル充電状態の場合です。

① プローブの電源を入れる
② iViz airアプリを起動する
③ プローブの接続
 1 自動接続
 2 強制接続
 3 有線接続

基本操作

① 患者情報の登録
 1 患者IDで呼び出す
 【参照】
 2 手入力する
② 登録
③ 検査の終了
④ 患者情報の更新・修正

① スキャン画像操作
 1 Gain(ゲイン)の調整
 2 Depth(深度)の調整
② 画像の拡大/縮小

① 画像のフリーズとシネ操作
② 静止画の保存
【参考1】コンベックスを接続している場合
③ 動画の保存
【参考2】リニアを接続している場合
④ 動画の保存時間を設定する
⑤ カメラ機能

① 2点間の距離計測
② 追加計測
③ 保存
④ キャリパーの修正
⑤ 計測値の消去

① 静止画像の閲覧
② 動画の閲覧
③ 複数画像の閲覧
④ 画像一覧に戻る
⑤ 画像の削除
【参考】患者情報の更新・修正

① 検査の閲覧
② 検査の検索
③ 複数画像の閲覧
④ 検査履歴リストの閲覧

① タブレット表示器の操作
② USBメモリの操作
③ タブレット表示器の操作
④ USBメモリの操作
⑤ パソコンの操作

  • * USBメモリなどの外部機器との接続の詳細については、タブレット表⽰器の取扱説明書を参照してください。 パーソナルコンピューターと接続するための外部機器は、付属されていません。別途、市販の外部機器が必要になります。

① 検査履歴リストを開く
② 検査の選択
③ 削除

① 尿量計測の起動
② 横断面像の取得と計測
③ 縦断面像の取得と計測
④ 尿量の確認
⓹ 結果の保存

動画の視聴をご希望の方は、以下ボタンよりお申込みください。

  • * お申込みいただけると即時に視聴いただけます。

① 直腸観察ガイドの起動
② 超音波像の取得
③ アノテーションの選択
④ 結果の保存

動画の視聴をご希望の方は、以下ボタンよりお申込みください。

  • * お申込みいただけると即時に視聴いただけます。

滅菌プローブカバーの装着方法

① プローブカバーの装着
② カバー上からの操作