日本

動物医療 検査サービス

形態学検査

NEW

病理/細胞診/血液塗抹/骨髄塗抹/特殊病理/皮膚病理

皮膚病変の原因究明と、治療方針を決めるための病理組織診断

皮膚病理を最大限活用する方法 ~用途と採材方法のコツ~

皮膚病理組織診断とは

『皮膚病理組織診断』は皮膚科専門医が診断する皮膚専門の病理組織診断です。一般的な病理組織診断と比べて、以下の特長があります。

『皮膚病理組織診断』の特長
  1. 病変の形態学評価に加え、肉眼所見や臨床情報も考慮した診断結果のご報告。
  2. 専門医の知識に基づく、治療方針についての詳しい解説と追加検査の推奨。
  3. 臨床の先生に寄り添った、専門用語に頼らないわかりやすい診断書。

以下のような症例でお悩みではないですか?

  • よく経験する病気を想定して治療をしたが、効果が上がらない。
  • 普段経験しないような症状に困っている。
  • 診断や治療プランがイメージできていない。

上記に該当する場合は、皮膚病理組織診断を活用して診断・治療を進めましょう。

脱毛

びらん/潰瘍

腫脹/隆起

本検査サービスは、
村山 信雄 先生が診断いたします。*1

犬と猫の皮膚科 代表
アジア獣医皮膚科専門医

【略歴】
1994年3月 帯広畜産大学畜産学部獣医学科卒業
2010年8月 アジア獣医皮膚科専門医取得
2012年9月 岐阜大学連合大学院にて博士(獣医学)取得
2016年3月 犬と猫の皮膚科クリニック開設

  • *1 諸事情により村山先生が診断できない場合は、お客様に確認の上、診断医の変更をお願いする場合があります。
依頼書例
報告書例

【監修】村山信雄先生(犬と猫の皮膚科 代表)

形態学検査依頼書をご利用ください。依頼書には臨床情報をご記入いただき、『患部写真』と一緒にご提出ください。

診断依頼書をダウンロード

【監修】村山信雄先生(犬と猫の皮膚科 代表)