日本

透視付き一般撮影システム

Radnext Fluoro. Package

NEW

X線撮影装置に「透視専用FPD」と「画像処理エンジン」を組み合わせることで「デジタル透視」も実現します。

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

透視FPDで検査の幅が拡がる。

高解像度な透視FPD(200μm 1×1ノンビニング 33fps)を組み合わせて、より多彩な検査が行えます。
関節部の動態確認や整復。神経根ブロック、関節腔造影検査、子宮卵管造影など造影部や穿刺部の確認。
使えるシーンはさまざまです。これからはRadnext Fluoro. Packageで一般撮影室の可能性を拡げましょう。

FPD。これが秘訣です。

歪のない高い視認性

従来のI.I. 方式に比べて視野の歪がありません。格段に広いダイナミックレンジ(16bit)を有しているので、検査に欠かせない高い視認性を確保します。

ずっと低被ばく

経年劣化にともなう輝度の低下や線量増加の心配がありません。高感度なCslを用いたFPDだから長期間安定した画質を提供するだけでなく、低被ばくな検査を維持します。

優れた検査効率

20cm×20cmの高画質な透視画像を得られるので、検査効率が大幅に向上します。短時間で透視観察したい先生への「時短ソリューション」です。

レイアウトやご用途に合わせて選べる多彩な組み合わせ

検査室のレイアウトやご用途に合わせて天井走行式保持装置3種類、床支持型X線管支持装置2種類、透視撮影台2種類(上下動あり/なし)から組み合わせをご選択いただけます。
 

  • * 写真は組み合わせの例です。

販売名

X線透視撮影装置 Radnext Fluoro. Package

医療機器認証番号

第303ABBZX00064000

製造販売業者

富士フイルムヘルスケア株式会社