日本

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

AMULET InnovalityでステレオBIOPSY検査が可能に。

X線検出器に直接変換方式を採用したデジタルマンモグラフィ「AMULET Innovality」。
a-Seの2層構造によるオリジナルパネルを採用し、Direct Optical Switchingテクノロジーにより画像信号を取り出します。
50μmの高精細画像により、精度の高い検査を提供可能です。

安定感のあるポジショニングが可能

  • 90°~-90°まで任意の角度で検査が可能です。腕をバランスよくしっかり支えるアームレストと、やさしくサポートする各種パッドの併用で患者さまの負担を低減します。
  • 高解像度モニター(2ndモニター)にて過去画像*1 や検査画像の確認ができ、ターゲット位置のポジショニングをスムーズに行えます。
  • *1 オプションソフトウェア・画像サーバーとの接続が必要です。

確実なターゲティングをサポート

  • 高解像度モニターとFUJIFILMの強調画像処理により、ターゲットの描出能が向上します。(図1)
  • スカウト画像でターゲットを選択することで、ステレオ画像上にガイドラインを表示し位置決めをサポートします。

充実した安心機能で検査の安全性を向上

  • 針先の天板への接近情報をマークで表示。(図2)
  • 乳房とターゲットの位置の関係をシェーマで視覚的に確認可能。ターゲット位置確定後に、Z座標の微調整もできます。(図3)
  • 針全長時の針先から撮影台までの距離を、Z軸操作と連動表示。

ラテラルアプローチにも対応(追加オプション)

  • ラテラルアダプターの使用で乳房圧迫面に対して、水平方向からの穿刺が選択できるようになります。
  • 垂直方向からの穿刺とあわせて、2種類の手技が選択できるようになり、BIOPSY検査の適応範囲が広がります。
  • 乳房とターゲットの位置関係シェーマもラテラルに対応。(図4)

ラテラルアダプター