日本

標準ズームレンズ「フジノンレンズ GF45-100mmF4 R LM OIS WR」新発売

ラージフォーマットセンサー搭載のミラーレスデジタルカメラ「GFXシリーズ」用交換レンズ
最先端の光学技術により1億画素対応の超高解像性能を実現!

強力な手ブレ補正機能や防塵・防滴・耐低温構造により様々な撮影シーンで威力を発揮

2020年1月23日

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、35mm判の約1.7倍となるラージフォーマットセンサー(*1)を搭載したミラーレスデジタルカメラ「GFXシリーズ」用交換レンズ「GFレンズ」のラインアップとして、標準ズームレンズ「フジノンレンズ GF45-100mmF4 R LM OIS WR」(以下、「GF45-100mmF4 R LM OIS WR」)を2020年2月27日より発売します。

「GF45-100mmF4 R LM OIS WR」は、開放F値4の明るさを持ち、使用頻度の高い焦点距離45-100mm(35mm判換算:36-79mm相当)をカバーする標準ズームレンズです。強力な手ブレ補正機能や防塵・防滴・耐低温構造を採用しているため、過酷な撮影環境でも快適に撮影を行うことができます。「GF45-100mmF4 R LM OIS WR」は、ポートレート撮影をはじめ、様々な撮影のシーンでプロ写真家や写真愛好家の高い要求にこたえます。

「GFレンズ」は、エミー賞(*2)を受賞したシネマカメラ用レンズなどで業界をリードする「FUJINONレンズ」で培った、優れた光学設計技術やサブミクロン単位の精度でレンズ面を加工する生産技術などにより、超高解像性能と豊かな階調再現性能を実現する最高級レンズです。なかでも、昨年6月に発売した「FUJIFILM GFX100」(以下、「GFX100」)との組み合わせでは、「GFX100」に搭載している1億2百万画素のイメージセンサーの性能をフルに引き出し、独自の色再現との組み合わせで、世界最高峰の写真画質を可能にします。

今回発売する「GF45-100mmF4 R LM OIS WR」は、非球面レンズ3枚、スーパーEDレンズ1枚、EDレンズ1枚を含む12群16枚のレンズ構成を採用した標準ズームレンズです。「GF45-100mmF4 R LM OIS WR」は、各種収差を徹底的に抑制しているため、単焦点レンズに匹敵する超高解像性能と、高いコントラストを実現。圧倒的な描写力をズーム全域で発揮します。また、5.0段分の強力な手ブレ補正機能や、リニアモーターによる高速・静音・高精度なAFを搭載しているため、快適に手持ち撮影を行うことができます。さらに、防塵・防滴・-10℃の耐低温構造も採用しており、小雨や埃が舞うアウトドアの環境下でも安心して撮影可能です。

「GF45-100mmF4 R LM OIS WR」は、すでに発売している標準ズームレンズ「フジノンレンズ GF32-64mmF4 R LM WR」と望遠ズームレンズ「フジノンレンズ GF100-200mmF5.6 R LM OIS WR」と合わせて広角32mm-望遠200mm(35mm判換算:25mm-158mm)の幅広い焦点距離をカバーし、超高画質な写真の撮影領域をさらに拡大します。

「GF45-100mmF4 R LM OIS WR」/「GFX100」装着時

富士フイルムは本日、「GFレンズ」の開発ロードマップの最新情報を発表しました(*3)。本ロードマップでは、ラインアップに加える「大口径標準レンズ」と「広角単焦点レンズ」の基本スペックを公開しています。今後、本ロードマップで示した計13本の「GFレンズ」のラインアップで、「GFXシリーズ」での写真撮影の楽しみをさらに広げていきます。

  • *1 対角線の長さが55mm(横43.8mm×縦32.9mm)で、35mm判の約1.7倍の面積を持つイメージセンサー。
  • *2 1948年に「米国テレビ芸術科学アカデミー」によって設立され、放送業界における技術の発展に突出して貢献した企業や団体、個人に対して授与される、業界で最も権威のある賞。
  • *3 「GFレンズ」の最新の開発ロードマップは、https://fujifilm-x.com/ja-jp/products/g-mount-lens-roadmap/をご覧ください。

1.製品名、発売時期、価格  

製品名 発売日 希望小売価格(税別)
「フジノンレンズ GF45-100mmF4 R LM OIS WR」 2020年2月27日 305,000円

 

2.製品特長

[画像]非球面レンズ3枚、スーパーEDレンズ1枚、EDレンズ1枚を含む12群16枚のレンズ構成を採用。

(1)超高解像性能と高いコントラストによる圧倒的な描写力を実現 

  • 非球面レンズ3枚、スーパーEDレンズ1枚、EDレンズ1枚を含む12群16枚のレンズ構成により、球面収差や像面湾曲、色収差を徹底的に抑制。単焦点レンズに匹敵する超高解像性能と、高いコントラストを実現し、圧倒的な描写力をズーム全域で発揮します。

(2)使用頻度の高い焦点距離をカバー

  • 使用頻度の高い焦点距離45-100mm(35mm判換算:36-79mm相当)をカバーする標準ズームレンズです。ラージフォーマットセンサー対応の2.2倍ズームレンズでありながら、質量1,005g、全長144.5mm、最大径Φ93mmのコンパクト設計を実現しているため、優れた機動力を発揮します。
[画像]緑部にシーリングを施した防塵・防滴・-10℃の耐低温構造を採用。高いタフネス性能を発揮。

(3)強力な手ブレ補正機能を搭載

  • CIPAガイドライン準拠で5.0段の強力な手ブレ補正機能を搭載。手持ち撮影でも「GFXシリーズ」の高い解像力を余すことなく引き出します。

(4)高速かつ静音で高精度なAFを実現

  • 小型軽量なフォーカスレンズをリニアモーターにより駆動させるインナーフォーカス方式を採用することで、高速かつ静音で高精度なAFを実現します。

(5)さまざまな撮影環境に耐える高いタフネス性能を発揮

  • 鏡筒の11ケ所にシーリングを施した防塵・防滴・-10℃の耐低温構造を採用。小雨や埃が舞うアウトドアの環境下でも安心して撮影ができます。
[画像]
[画像]

お問い合わせ

報道関係

コーポレートコミュニケーション部

お客さま

富士フイルムデジタルカメラサポートセンター

「フジノン Xマウント & Gマウントレンズ」ラインアップ

  • * 記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。