日本

「FUJIFILM オブジェクト アーカイブ」新発売

ユーザーのもとで快適にペタバイト*1クラスの大容量データを管理できるソフトウエア

低コストで安全なデータ長期保管を磁気テープストレージで実現

2020年4月6日

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、ユーザーのもとで快適にペタバイト*1クラスの大容量データを管理できるソフトウエア「FUJIFILM オブジェクト アーカイブ」(以下、「オブジェクト アーカイブ」)を4月6日より発売します。

「オブジェクト アーカイブ」は、データの容量拡張性と検索性に優れる「オブジェクト形式のストレージ」を磁気テープで実現するソフトウエアです。低コストで安全にデータの長期保管を行うことができ、ますます増大するデータストレージ需要に応えます。

[図]大容量データをユーザー(企業・研究機関等)のもとで管理

昨今、IoT・ICTの進展やAIを用いたビッグデータ解析の普及などにより、世の中のデータ量は爆発的に増加しています。なかでも、生成されてから時間が経ちアクセス頻度が低くなったコールドデータは、全データの8割以上を占めると言われています。近年では、コールドデータをはじめ、蓄積したデータを活用する動きが急速に進んでおり、これらのデータを長期に保管したいというニーズが高まっています。

[図]

現在、データの保管は、階層的なツリー構造によりデータを分類して管理する「ファイル形式のストレージ」を用いるのが一般的ですが、「ファイル形式のストレージ」は、データ容量の増加に伴い処理速度が低下するなどの課題があります。一方で、近年クラウドを中心に導入が進んでいる「オブジェクト形式のストレージ」は、データを構造化せずに管理するため、保存できるデータ容量を簡単に拡張可能。また、個々のデータに任意のメタデータ*2を付与することで素早く正確にデータの検索を行えるといった特長も有しており、ワールドワイドで年率約3割の市場成長が見込まれています。

今回発売する「オブジェクト アーカイブ」は、データの容量拡張性と検索性に優れる「オブジェクト形式のストレージ」を磁気テープで実現するソフトウエアです。本製品のために磁気テープ記録フォーマット「OTFormat」を新規開発し、磁気テープストレージを用いてペタバイトクラスの大容量データ*3を低コストで長期保管することを可能にしました。さらに、ネットワークから隔離したエアギャップの状態でデータ保管を行えるため、サイバーアタックなどによるデータ破損・消失のリスクが低く、高い安全性を実現します。また、「オブジェクト形式のストレージ」で幅広く採用されている「S3互換API」*4を実装しており、磁気テープストレージとハードディスクドライブ(HDD)・ソリッドステートドライブ(SSD)を組み合わせることが可能。アクセス頻度に応じて最適なストレージにデータを保管できます。このほか、クラウドストレージと磁気テープストレージのスムーズな連携もできるため、ネットワーク上で共有するデータをクラウドストレージに、機密性の高い大容量コールドデータを磁気テープストレージに保管するなど、データの属性やユーザーニーズに応じてご利用いただけます。

今回、当社は、新たに磁気テープストレージを導入する方だけでなく、すでに磁気テープストレージを導入している方にも「オブジェクト アーカイブ」を提供し、低コストで安全性・利便性に優れたストレージシステムの構築に貢献します。今後も、世界シェアNo.1*5のコンピューター用磁気テープメーカーとして、ユーザーのニーズと信頼にお応えする高性能・高品質のメディアやサービスを開発・提供し、世の中の社会課題の解決に取り組んでいきます。

  • *1 1ペタバイト=1,000,000GB。
  • *2 データの属性などを表す付帯情報のこと。作成日時・場所、作成者、キーワードなど。
  • *3 2020年度中にバージョンアップを行い、さらなる容量拡張を可能とするとともに、メタデータ検索を行える機能を追加する予定です。
  • *4 Amazon社が提供するクラウドストレージサービス「Amazon S3」とデータ通信を行うためのインターフェース。APIはApplication Programming Interfaceの略。「オブジェクト アーカイブ」は、データの読み出し時のみ「S3 Glacier 互換API」を使用。
  • *5 生産者シェア。当社調べ。

1. 製品名

「FUJIFILM オブジェクト アーカイブ」

2. 発売日

2020年4月6日

3. 価格

オープン

4. 主な特長:

(1) 「オブジェクト形式のストレージ」を磁気テープで実現
  • 新開発の磁気テープ記録フォーマット「OTFormat」を採用。データの容量拡張性と検索性に優れる「オブジェクト形式のストレージ」を、磁気テープストレージを用いて行うことができます。
(2) 低コストで安全なデータ長期保管を実現
  • 優れたTCO*6を実現する磁気テープストレージを用いることで、ペタバイトクラスの大容量データを低コストで長期保管できます。
  • ネットワークから隔離したエアギャップの状態でデータを保管できるため、サイバーアタックやウイルス感染、システム障害などによるデータ破損・消失のリスクが低く、高い安全性を実現します。
  • 加速評価試験において、磁気テープは50年以上安定してデータを保存できる*7ことが確認されています。
  • *6 Total Cost of Ownershipの略。初期費用やメンテナンス費用、消費電力などを含む総コストのこと。
  • *7 JEITAテープストレージ専門委員会調べ。
(3)HDD・SSDやクラウドストレージとの組み合わせにより最適なストレージシステムを構築可能
  • 「オブジェクト形式のストレージ」で幅広く採用されている「S3互換API」を実装しており、磁気テープストレージとHDD・SSDを組み合わせることが可能。アクセス頻度に応じて最適なストレージにデータを保管できます。
  • クラウドストレージと磁気テープストレージのスムーズな連携を実現。ネットワーク上で共有するデータをクラウドストレージに、研究開発のデータや製品設計に関する情報など機密性の高い大容量コールドデータを磁気テープストレージに保管するなど、データの属性やユーザーニーズに応じてご利用いただけます。

お問い合わせ

報道関係

コーポレートコミュニケーション部

お客さま

記録メディア事業部

「FUJIFILM オブジェクト アーカイブ」ウェブサイト
https://www.fujifilm.com/jp/ja/business/data-management/data-archive/object

  • * 記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。