日本

幅広い事業分野の27製品が「グッドデザイン賞」を受賞

富士フイルム 2年連続で最多受賞を達成

双眼鏡や磁気テープストレージメディアなど4製品が「グッドデザイン・ベスト100」に選定

ニュースリリース

2020年10月1日

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する2020年度グッドデザイン賞*1において、デジタルカメラ「Xシリーズ」やスキンケアシリーズ「アスタリフト」など、幅広い事業分野の27製品が「グッドデザイン賞」を受賞したことをお知らせいたします。各製品の美しい外観のみならず、優れた性能や快適な操作性を実現するデザインなどに対する高い評価により、昨年の「グッドデザイン賞」に続き、2年連続で最多受賞を達成しました。

また、双眼鏡「FUJINON HYPER-CLARITY HC8x42/10x42」、磁気テープストレージメディア「FUJIFILM LTO Ultrium8 データカートリッジ」、画像診断ワークステーション「SYNAPSE SAI viewer V1.3」、RAW現像ソフトウェア「FUJIFILM X RAW STUDIO」の4製品が、「グッドデザイン・ベスト100」*2に選ばれました。今後、さらに審査が行われ、「グッドデザイン・ベスト100」の中から大賞や金賞、特別賞などが選出される予定です。

当社は、あらゆる製品・サービスの開発において、機能や性能を追求するとともに、その優れた機能を最大限に生かすデザイン開発に取り組んでいます。国内では、昨年、「グッドデザイン賞」の大賞を獲得。また海外では、本年の「IDEA賞」においてゴールド賞を受賞したことにより、「iFデザイン賞」「レッドドットデザイン賞」におけるこれまでの受賞実績とあわせ、世界の三大デザイン賞すべてで最上位賞受賞を達成しました。当社製品のデザインに対する評価は、国内外でますます高まっています。

今後も、当社は、外観デザインの美しさに留まらず、快適な操作性や優れた機能性などに徹底的にこだわったデザインの実現により、製品の新たな価値創出を目指していきます。

  • *1 1957年に通商産業省(現経済産業省)によって創設された「グッドデザイン商品選定制度(通称Gマーク制度)」を母体とし、1988年より財団法人日本産業デザイン振興会(現公益財団法人日本デザイン振興会)の主催事業として運営される日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨制度。
  • *2 「グッドデザイン賞」受賞製品のなかでも特に高い評価を得た100製品に贈られる賞。
[ロゴ]2020年度グッドデザイン賞

<「グッドデザイン賞」受賞製品(未発表の5製品を除く22製品)>

①双眼鏡「FUJINON HYPER-CLARITY HC8x42/10x42」
②磁気テープストレージメディア 「FUJIFILM LTO Ultrium8 データカートリッジ」
③画像診断ワークステーション「SYNAPSE SAI viewer V1.3」
④RAW現像ソフトウェア「FUJIFILM X RAW STUDIO」

受賞製品の概要は、以降をご参照ください。

<グッドデザイン賞 受賞製品>

独自のレンズコーティング「SUPER EBC FUJINON」マルチコートや大口径レンズなどにより、明るくクリアな視界を実現する双眼鏡。滑りにくいエラストマー素材*3や握りやすいボディ形状を採用することで、優れた操作性を実現。接眼部のアイカップには、アルマイト加工を施した切削アルミニウムを用いており、金属の質感を生かした高品位なデザインを追求した。

  • *3 ラバーとプラスチックによって構成される素材。
【審査員の評価コメント】

手に持った時の重厚感やフォーカスリングのトルク感など、開発者の意図を感じる。誰しもが双眼鏡と聞いて思い描く普遍的な佇まいを持つ形ではあるが、隅々まで考え尽くされた高い完成度を有し、アナログの光学機器が本来持っていた嗜好性を堪能出来る秀逸なプロダクトである。光学ファインダー搭載のデジタルカメラをてがけるメーカーならでは、と言って良い。長く所有したいと思える製品だ。

双眼鏡「FUJINON HYPER-CLARITY HC8x42/10x42」

磁気特性・長期保存性に優れる微粒子「バリウムフェライト磁性体」を独自開発し、従来品の2倍となる最大記録容量30TB(非圧縮時12TB)を実現したデジタルデータのストレージメディア。

【審査員の評価コメント】

磁気テープは古い記録媒体のイメージがあるが、読み書き時以外は電源が不要で消費電力を抑制でき、停電、クラッシュ、サイバーアタックによるデータ損失リスクがないなどの特長を有する。本製品は、磁性体の粒子形成、精密塗布などの高い独自技術により、ICTやAIの進展による大量データを安全に、低コストで長期保管するニーズに応えるもので、現在および将来を見据えた優れたデザインである点を評価した。

磁気テープストレージメディア「FUJIFILM LTO Ultrium8 データカートリッジ」

医師の画像診断ワークフローを支援するAIプラットフォーム。人工知能(AI)*4技術を活用して開発した、胸部CT画像から肺結節の候補を自動検出する「肺結節検出機能」や肺結節の性状を分析し、医師の所見文作成を支援する「肺結節性状分析機能」により、医師の負担を軽減し、効率的な画像診断をサポートする。

  • *4 AI技術のひとつであるディープラーニングを設計に用いた。導入後に自動的にシステムの性能や精度が変化することはない。
【審査員の評価コメント】

早期発見、早期治療に必要な、CTなど医療画像からの病変検出を、AI技術を使って支援するシステムは医者と患者に大きなメリットをもたらしている。また、検出だけでなく数値やグラフでの可視化、所見を書く作業のサポートなど、画像診断ワークフローが総合的に支援されている。

画像診断ワークステーション「SYNAPSE SAI viewer V1.3」 

当社デジタルカメラ「X/GFXシリーズ」で撮影したRAW画像を現像するためのソフトウェア。PCとデジタルカメラをUSB接続することで、デジタルカメラの画像処理エンジンの利用が可能。コンピューターの処理能力に左右されず、高品質なRAW画像を素早く取得することができる。

【審査員の評価コメント】

非常にユニークな点は、接続するPCの処理能力の影響を受けずに、カメラの画像処理エンジンを利用することで高速処理を可能にした点にある。また、写真の正確な色を判断するためにグレーを画面配色にするなど、一般的なRAW現像ソフトウェアのアプローチとは違う、専用ソフトウェアならではの配慮がされている。高速処理によりストレスが少なくなることは、良い作品を生み出すことにも貢献すると同時に、カメラ本体への魅力をさらに高める。また、無料のダウンロードソフトでありながら、丁寧なバージョンアップを着実に実行し続ける、そのメーカー姿勢も審査委員一同高く評価した。

RAW現像ソフトウェア「FUJIFILM X RAW STUDIO」
スマホアプリ“チェキ”「instax mini Link」

スマホなどで撮影した画像をチェキフィルムにプリントできるスマートフォン用プリンター“チェキ”「instax mini Link」の専用アプリ。

インスタントカメラ“チェキ”「instax mini 11」

明るさを自動で調整でき、カンタンにキレイな写真を撮影できる、世界中で人気のインスタントカメラinstax“チェキ”の最新エントリーモデル。

フォトブック作成サービス「Year Album」

AIを活用することで、注文を重ねるごとにユーザーの好みを反映した画像選択からレイアウトまでを自動でサポートするフォトブック作成サービス。

ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T4」

世界最速*515コマ/秒の高速連写と最短約0.02秒のAFを実現した、デジタルカメラ「Xシリーズ」のフラッグシップモデル。

  • *5 APS-C以上のサイズのセンサーを搭載したミラーレスデジタルカメラとして。メカニカルシャッター設定時。2020年10月1日時点。当社調べ。
デジタルカメラ 「FUJIFILM X100V」

機能美溢れる洗練されたデザインを実現した高級コンパクトデジタルカメラ。

デジタルカメラ「Xシリーズ」用交換レンズ 「フジノンレンズ XF50mm F1.0 R WR」

世界で初めて、開放F値1.0の明るさを実現しオートフォーカス(AF)機能を搭載した大口径中望遠単焦点レンズ。

デジタルカメラ「Xシリーズ」用交換レンズ 「フジノンレンズ XC35mm F2.0」

約130g・全長46.5mmのコンパクト設計を実現し、高速・静音なAFを搭載した広角単焦点レンズ。

デジタルカメラ「GFXシリーズ」用交換レンズ 「フジノンレンズ GF30mm F3.5 R WR」

被写体の細部までとらえる圧倒的な描写力と、コンパクト設計による優れた携帯性を実現した単焦点広角レンズ。

デジタルカメラ「GFXシリーズ」用交換レンズ 「フジノンレンズ GF45-100mm F4 R LM OIS WR」

開放F値4の明るさを持ち、使用頻度の高い焦点距離45-100mm (35mm判換算:36-79mm相当)をカバーする標準ズームレンズ。

デジタルカメラ「GFXシリーズ」用交換レンズ 「フジノンレンズ GF100-200mm F5.6 R LM OIS WR」

開放F値5.6、100mm-200mm(35mm判換算:79-158mm相当)の焦点距離を持つ望遠ズームレンズ。

防振双眼鏡「FUJINON TECHNO-STABI TS16X28」

質量560gのコンパクトボディに±3°の補正効果を発揮する防振機能を搭載した、高倍率16倍の双眼鏡。

フォーカスデマンド「FUJINON EPD-51A-D02/F02」

放送用レンズのアクセサリーで、手元でフォーカスを調整するためのコントローラー。

放送用レンズ「FUJINON HP66x15.2-ESM」

世界最高*666倍ズーム・世界最望遠*61,000mmを実現したボックスタイプの8K対応放送用レンズ。

  • *6 8K対応の放送用レンズとして。2020年10月1日時点。当社調べ。
放送用レンズ「FUJINON HP12x7.6ERD-S9」

世界最広角*67.6mm-望遠91mmをカバーするポータブルタイプの8K対応放送用レンズ。

放送用レンズ「FUJINON UA107x8.4 BESM AF」

世界で初めて*7AF機能を搭載したボックスタイプの4K対応放送用レンズ。

  • *7 4K対応の放送用レンズとして。当社調べ。
放送用レンズ「FUJINON UA24x7.8BERD S6B」

リモートでバックフォーカスの調整が可能なポータブルタイプの4K対応放送用レンズ。

アルコールスプレー/薬用ハンドジェル 「Hydro Ag+ スプレー(アルコール60%)/薬用ハンドジェル HA」

アルコールと銀系材料を組み合わせた独自の技術「Hydro Ag+(ハイドロ エージー プラス)」を活用した持続除菌剤と薬用ハンドジェル。

肌引き締め美容液 「アスタリフト スパークル タイト セラム」

肌の上で泡が弾け心地よい刺激を与えたあと泡からジェルに変化する特長的な剤形で、肌を効果的に引き締めるスキンケアを実現する、毛穴が気になる30代女性に向けた美容液。

お問い合わせ

報道関係

富士フイルムホールディングス株式会社 
コーポレートコミュニケーション部 広報グループ

  • * 記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。