日本

富士フイルム 水性顔料インクジェットインク用色材の生産工場を米国拠点に新設

色材から製品まで一貫したインク製造体制を米国で確立し、拡大する需要に対応

ニュースリリース

2021年3月18日

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、インクジェット事業の成長を加速するため、水性インクジェットインク製品を製造する米国子会社であるFUJIFILM Imaging Colorants Inc.(米国デラウェア州ニューキャッスル、以下、米国FFIC)に、約20億円の投資を行い、水性顔料インクジェットインク用色材である顔料分散液の製造設備を新設します。2021年4月に着工し、2022年4月に稼働を開始する予定です。

[画像]FUJIFILM Imaging Colorants Inc.工場前景, 顔料分散液製造棟外観イメージ図

インクジェットは、短納期で、多品種、少量生産、一枚毎に異なる印刷ができるバリアブル印刷が可能なため、商業・出版印刷分野に加え、産業分野にも用途が拡大しています。なかでも環境負荷が低く、食品用途での安全性に長ける水性顔料インクジェットインクを活用したいというニーズが高まっています。

現在、米国FFICでは染料および顔料を用いた水性インクジェットインク製品の製造を行っています。今回、水性顔料インクジェットインクの主要色材となる顔料分散液の製造設備を新設することで、色材からインク製品までの一貫製造体制を構築します。これにより、効率的に高品質な水性顔料インクジェットインク製品の提供が可能となり、拡大する需要に対応します。

高品質な水性顔料インクジェットインクの製造には、インク中の顔料を安定的に分散する技術が不可欠です。一般的に、インク中の顔料粒子サイズは100nm前後であり、時間が経過すると複数の顔料粒子が凝集し沈殿します。これは印刷時にインクジェットヘッドのノズル詰まりに繋がるため、インク中の顔料粒子は均一かつ安定的に分散している必要があります。また、高速で高品質な印刷が求められるインクジェット印刷では、色材に加えてインクに様々な溶剤や機能性材料が用いられるため、色材が他の材料の影響を受けずに安定性が維持されることが重要となっています。

富士フイルムの顔料分散液は、顔料粒子に吸着する分散剤同士を化学結合させ架橋構造を形成する独自の「RxD(アールエックスディー)(Reactive Dispersant)」技術を用いることで、分散剤が顔料から脱離しにくく、安定性の高い顔料分散を実現しています。これにより、溶剤や機能性材料などが加わってもその影響を受けずに顔料分散の安定性が維持されるため、インク製造時に組み合わせる材料の選択肢の幅が大きく広がり、様々な分野のインク製造を可能とします。富士フイルムは、このRxD技術を用いた顔料分散液を自社インクの製造に用いるだけでなく、世界中のインクメーカーにも供給しており、これまでに多くの水性顔料インクジェットインクに採用されています。

現在、このRxD技術を用いた顔料分散液の開発と製造は、英国にあるFUJIFILM Imaging Colorants Ltd.(英国スコットランド グレンジマウス)のみで行っていますが、自社インクジェットシステム用水性顔料インクジェットインクの需要増に加え、産業インクジェット市場向けの今後の需要拡大を見据え、米国FFIC内にも生産工場を新設することで、インク製品の一貫した製造を実現し、グローバルでの供給能力を増強します。

富士フイルムは、インクジェットの市場ニーズに合わせたグローバル生産体制を構築し、事業成長を一段と加速させていきます。

<顔料分散液製造棟の概要>

所在地

233 Cherry Lane, New Castle, DE 19720, USA

総投資金額

約20億円

生産品目

水性顔料インクジェットインク用色材(顔料分散液)

総延床面積

750m2

着工時期

2021年4月

稼働開始時期

2022年4月予定

お問い合わせ

報道関係

富士フイルムホールディングス株式会社
コーポレートコミュニケーション部 広報グループ

お客さま

富士フイルム株式会社
インクジェット事業部

  • * 記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。