日本

ラージフォーマットセンサー搭載ミラーレスデジタルカメラの画期的機能「ピクセルシフトマルチショット」開発で令和3年度日本写真学会「技術賞」を受賞

世界最高※1約4億画素の画像を忠実な色再現で撮影・生成し、文化財のデジタルアーカイブに貢献

2021年3月18日

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、一般社団法人日本写真学会が主催する令和3年度日本写真学会 学会賞において、ラージフォーマットセンサー※2を搭載したミラーレスデジタルカメラの画期的機能「ピクセルシフトマルチショット」の開発で、「技術賞」を受賞しました。「ピクセルシフトマルチショット」は、世界最高※1約4億画素の画像を忠実な色再現で撮影・生成できる機能で、文化財のデジタルアーカイブ用途に最適です。なお、「ピクセルシフトマルチショット」は、「FUJIFILM GFX100」(以下、「GFX100」)と「FUJIFILM GFX100S」(以下、「GFX100S」)で使用可能です。

日本写真学会「技術賞」は、日本の写真業界および、写真関連分野における科学技術の進歩・発展に貢献した会員に贈られる賞です。今回の受賞は、デジタル情報で文化財を記録・保存するデジタルアーカイブ分野の発展に貢献するテクノロジーとして、ラージフォーマットセンサーを超高精度にシフトさせる制御技術を駆使し「ピクセルシフトマルチショット」を開発したことが評価されたものです。なお、表彰式は、7月2日(金)にオンラインにて行われる予定です。

  • ※1 民生用ミラーレスデジタルカメラにおいて。2021年3月18日時点。当社調べ。
  • ※2 対角線の長さが55mm(横43.8mm×縦32.9mm)で、35mm判の約1.7倍の面積を持つイメージセンサー。

日本写真学会「技術賞」受賞者

田中 康一

富士フイルム株式会社 光学・電子映像事業部 光学・電子映像商品開発センター

楠本 修也

富士フイルム株式会社 光学・電子映像事業部 光学・電子映像商品開発センター

水澤 哲也

富士フイルムソフトウエア株式会社 ソフトウェア開発本部 光電ソリューショングループ

1. 開発の背景

美術品や建築物など貴重な文化財の今の姿や美しさを劣化させずに後世に残すことは重要な課題です。現在、この課題解決の1つに、デジタル情報として記録・保存するデジタルアーカイブが用いられています。当社は、1億2百万画素センサー搭載の「GFX100」の用途を、写真分野のみならず、デジタルアーカイブ分野にも広げるため、昨年11月に「ピクセルシフトマルチショット」を開発しました。また、本年2月に発売した「GFX100S」でも同機能を採用しています。

2. 主な特長

  • 「GFX100」「GFX100S」のボディ内手ブレ補正機構により、イメージセンサーを超高精度にシフトさせて自動撮影を行うことで、1回のシャッターで16枚の画像を取得。さらに専用ソフトウェア「Pixel Shift Combiner」を用いて、取得した画像を処理することで、約4億画素の画像を忠実な色再現で生成することができます。
「ピクセルシフトマルチショット」の原理(イメージセンサーのシフト)

以下の2つのプロセスからなる16枚の連続撮影を行うことで実現しています。

① 正確なRGB情報を取得するプロセス
すべての画素で正確なRGBの色情報を取得するために、イメージセンサーを1画素ずつシフトさせて4枚の撮影を行います。
[画像]正確なRGB情報を取得するプロセス
② 画素を微細化するプロセス
①のプロセスを0.5画素ずつシフトさせながら4回繰り返すことで、画素を微細化し4倍の解像度を実現しています。
[画像]画素を微細化するプロセス
  • 専用ソフトウェア「Pixel Shift Combiner」を使用して、撮影画像を1枚のDigital Negative(DNG)※3形式のRAWファイル※4に合成。さらに画像編集ソフトウェア「Capture One」※5を利用すれば、汎用性の高いTIFF※6形式などの画像に変換できるため、慣れ親しんだフローで約4億画素の画像を生成することができます。
  • ※3 Adobe Inc.によって開発された画像ファイル形式。
  • ※4 デジタルカメラで撮影された画像の記録形式の1つで、現像処理が行われていないデータ。
  • ※5 Capture Oneは、EU および/またはその他の国々におけるCapture One A/S の登録商標または商標。
  • ※6 静止画用画像データの記録方式の1つ。
「ピクセルシフトマルチショット」を用いたデジタルアーカイブのワークフロー
[画像]「ピクセルシフトマルチショット」を用いたデジタルアーカイブのワークフロー
<更新履歴>

2021年5月20日更新
2021年3月18日

お問い合わせ

報道関係

富士フイルムホールディングス株式会社
コーポレートコミュニケーション部 広報グループ

お客さま

富士フイルムデジタルカメラサポートセンター

富士フイルム ウェブサイト デジタルカメラ
https://fujifilm-x.com/