日本

「富士フイルムヘルスケア株式会社」が新しいグループ会社としてスタート

CT・MRIなどを新たに医療機器のラインアップに加え、
医療ITを核とした付加価値の高いソリューションをグローバルに提供

ニュースリリース

2021年3月31日

このニュースリリースは、報道機関向けに発信している情報です。

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、株式会社日立製作所(以下、日立製作所)の画像診断関連事業(以下、対象事業)の買収手続きを、本日完了いたしました。これにより日立製作所が対象事業の承継のために設立した「富士フイルムヘルスケア株式会社(以下、富士フイルムヘルスケア)」は、本日より、富士フイルムの100%子会社として新たにスタートします。

近年、医療現場では、さまざまな製品を組み合わせた病院経営へ直結する提案が求められています。今回の買収により、富士フイルムグループは、CTやMRI、X線診断装置、超音波診断装置、内視鏡、体外診断システム、そしてPACSなどの幅広い製品ラインアップを有することとなり、医療現場のニーズに対してワンストップでのトータルソリューションを提供することが可能になりました。さらに今後は、富士フイルムの優れた画像処理技術・AI技術をこれらの製品と組み合わせ、医療ITを核とした、より付加価値の高いソリューションを実現し、グローバルに提供していきます。

富士フイルムは、「富士フイルムヘルスケア」を新たにグループ会社に加えることで、ヘルスケア領域の成長を牽引するメディカルシステム事業のさらなる拡大に取り組むとともに、当社グループの持つ技術、製品、サービスを結集して、これまで以上に質の高い豊富なソリューションを提供し、医療の質の向上と人々の健康の維持増進に貢献していきます。

【富士フイルムヘルスケアの会社概要】(2021年3月31日現在)

会社名

富士フイルムヘルスケア株式会社

所在地

千葉県柏市新十余二2番地1

設立

2020年1月6日

代表者

代表取締役会長 後藤 禎一
代表取締役社長 山本 章雄

株主構成

富士フイルム株式会社(100%)

事業内容

画像診断システム(CT、MRI、X線診断装置、超音波診断装置等)、電子カルテ等の研究開発・製造・販売・保守サービス

お問い合わせ

報道関係

富士フイルムホールディングス株式会社
コーポレートコミュニケーション部 広報グループ

  • * 記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。