日本

抗ウイルスフィルム「Hydro Ag+ Virus Plus(ハイドロ エージー プラス ウイルス プラス)」

独自の抗菌技術「Hydro Ag+(ハイドロ エージー プラス)」の活用で抗菌・抗ウイルス効果が長く持続する

抗菌・抗ウイルス性能に関するSIAA認証を取得

2021年7月12日

富士フイルム株式会社(社長:後藤 禎一)は、この度、独自の抗菌技術「Hydro Ag+」により抗菌・抗ウイルス効果が長く持続する業務用の抗ウイルスフィルム「Hydro Ag+ Virus Plus(ハイドロ エージープラス ウイルスプラス)」について、SIAA(抗菌製品技術協議会)*1の「抗菌加工」および「抗ウイルス加工」認証を取得しましたのでお知らせいたします。「Hydro Ag+ Virus Plus」は、クリアタイプとマットタイプの2品種をラインアップしており、両品種ともSIAA「抗ウイルス加工」と「抗菌加工」の認証を取得しました。また、本製品は、新型コロナウイルス (SARS-CoV-2)に対する効果確認のための評価試験において、99.4%*2以上のウイルスを不活化したという結果を得ております*3

[画像]SIAAマーク(クリアタイプ/マットタイプ)

SIAAマークはISO 21702法により評価された結果に基づき、抗菌製品技術協議会ガイドラインで品質管理・情報公開された製品に表示されています。

[画像]SIAAマーク(クリアタイプ/マットタイプ)

SIAAマークはISO 22196法により評価された結果に基づき、抗菌製品技術協議会ガイドラインで品質管理・情報公開された製品に表示されています。

注意事項

  • ・抗ウイルス加工は、病気の治療や予防を目的とするものではありません
  • ・SIAAの安全性基準に適合しています

今回SIAA「抗ウイルス加工」と「抗菌加工」認証を取得した「Hydro Ag+ Virus Plus」は、独自の抗菌技術「Hydro Ag+」により、銀系抗菌剤と超親水ポリマーを組み合わせることで、フィルムの表面が銀系抗菌剤でコーティングされているだけでなく、膜中の銀系抗菌剤からも銀イオンが膜表面に常に供給されるため、長期間にわたり高い抗菌・抗ウイルス性能が持続します。不特定多数の人が触れる公共施設のタッチパネルやデジタルサイネージ、タブレットやスマートフォンのディスプレイなどに当製品を貼ったり、医療施設やコンビニ、タクシーなどでの飛沫防止パーティションとして用いることで、付着したウイルスの数を減少させ、日常生活の中での感染リスクを軽減させることが期待できます。

「Hydro Ag+ Virus Plus」はクリアタイプとマットタイプの2品種をラインアップしており、両品種ともSIAA「抗ウイルス加工」と「抗菌加工」認証を取得しました。クリアタイプは透明性が高く、フィルムを貼った後もディスプレイの色鮮やかさやコントラストをクリアに再現します。また、特殊な親水性コーティングにより油や水をはじき、付着した指紋や汚れを簡単に拭き取ることができます。マットタイプは、特殊な撥水性アンチグレアコーティングにより画面操作時に指紋などがつきにくく、また反射による映り込みを低減します。

一般的な非親水膜の銀系抗菌コートの構造(イメージ図)
[図]塗布膜表面に露出した抗菌剤からのみ銀イオンが溶出される様子

塗布膜表面に露出した抗菌剤からのみ銀イオンが溶出される。

超親水膜の銀系抗菌コート技術「Hydro Ag+」の構造(イメージ図)
[図]フィルムの表面が銀系抗菌剤でコーティングされているだけでなく、膜中の銀系抗菌剤からも銀イオンが膜表面に常に供給される様子

フィルムの表面が銀系抗菌剤でコーティングされているだけでなく、膜中の銀系抗菌剤からも銀イオンが膜表面に常に供給される。

富士フイルムは、これからも先進独自の技術によって、人々の生活の質の向上に貢献する製品を開発・提供していきます。

1. 製品名

Hydro Ag+ Virus Plus

2. 仕様

  クリアタイプ マットタイプ
販売単位 1ロール
長さ 500~900M
1,120mm
厚み 105µ 101µ

お問い合わせ

お客さま

富士フイルム株式会社 メディカルシステム事業部