日本

インクジェットシステムのカスタマイズ提供に強みを持つ
欧州の有力システムインテグレーターUNIGRAPHICA(ユニグラフィカ)社を買収

欧州におけるインクジェットビジネスをさらに拡大

ニュースリリース

2022年6月8日

富士フイルム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長・CEO:後藤 禎一)は、欧州におけるインクジェットビジネスをさらに拡大するため、インクジェットシステムのカスタマイズ提供を強みとする、欧州の有力システムインテグレーターUNIGRAPHICA AG(本社:リヒテンシュタイン公国、以下 ユニグラフィカ社)を買収します。

このたび、当社の欧州地域統括会社であるFUJIFILM Europe B.V とユニグラフィカ社の間で、ユニグラフィカ社の発行済全株式を取得する株式売買契約を締結しました。7月1日(予定)に、ユニグラフィカ社を「FUJIFILM UNIGRAPHICA AG」として新たにスタートさせ、当社のカスタマイズインクジェットシステム導入支援サービス「FUJIFILM Integrated Inkjet Solutions(フジフイルム インテグレーテッド インクジェット ソリューションズ)」(以下「FIIS」)の欧州展開を図っていきます。

ユニグラフィカ社は、顧客の要望に応じてカスタマイズしたインクジェットシステムなどを提供するシステムインテグレーターです。ユニグラフィカ社は、1985年の創業時から蓄積してきた、アナログ印刷機やその周辺機器の販売ノウハウ・実績を生かし、デジタル印刷分野でのビジネス展開を加速。現在では、インクジェットシステムや加工機を用いたデジタル印刷工程全体を最適化させるシステム提案力を有しています。また、システム設計・実装も担い、システムの迅速な立ち上げから導入後の設計変更までの技術サポートを展開。これまでに欧州を中心に20カ国50社以上に顧客ごとにカスタマイズしたインクジェットシステムを提供するなど強固な顧客基盤を保有しています。

当社は、インクジェットシステムを自社で設計・開発できる技術力を生かして、1,200dpiの高解像度出力を実現する高精細プリントヘッドや、広い色域や様々な基材に対応する各種インクの販売だけでなく、ヘッドとインクを組み合わせて顧客に最適なインクジェットシステムとして提供するサービスも行ってきました。さらに昨年には、本サービスを進化させて、顧客が求める印刷速度や画質、印刷する基材など、よりきめ細かな顧客ニーズに応じて、ヘッド・インクはもちろん画像処理方法なども当社が選定し、顧客ごとにカスタマイズしたインクジェットシステムとして提供する「FIIS」を米国・日本で開始。日用品や食品、建材などの幅広い分野の製造業の顧客から高い評価をいただいています。

当社は、今回、ユニグラフィカ社を買収し、欧州でのインクジェットビジネスをさらに拡大させます。具体的には、当社が有するインクジェットシステムの技術力や製品力と、ユニグラフィカ社のシステム提案力や顧客基盤を組み合わせて、顧客の製造ラインに最適なインクジェットシステムの導入提案から同システムの設計・実装・技術検証・アフターサービスまでを欧州で迅速に提供できる体制を構築し、「FIIS」の普及拡大を図ります。また、顧客毎に異なるインクジェットシステムの多様なニーズにきめ細かく対応することで、技術力・システム提案力をさらに高め、製品・サービスのより一層の価値向上を図っていきます。

当社は、高度なインクジェット技術や高品質な製品・サービスの提供を通じて、さらなる事業拡大を進めるとともに、産業用インクジェット市場の拡大、インクジェット技術応用による新産業の創出に貢献していきます。

ユニグラフィカ社の概要

社名

UNIGRAPHICA AG

設立年月

1985年

所在地

リヒテンシュタイン公国 ルッゲル

お問い合わせ

報道関係

富士フイルムホールディングス株式会社
コーポレートコミュニケーション部 広報グループ

お客さま

富士フイルム株式会社
インクジェット事業部

  • * 記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。