日本

SUPERIA 無処理サーマルCTPプレート

NEW
  • 大和美術印刷株式会社 様

    輪転機での大幅な損紙削減、人員配置の最適化が実現。きめ細かい現場改善サポートでオペレーターの意識にも変化

    NEW

    姫路市に本社を構える大和美術印刷株式会社(本社:兵庫県姫路市網干区新在家1275、代表取締役:篠田直宏氏)は、2018年8月から、オフセット輪転機で富士フイルムの高耐刷完全無処理CTPプレート『SUPERIA ZD-II』を活用し、損紙削減などの効果を挙げている。また、ZD-II導入にあたっては、印刷現場改善ソリューション『Eco & Fast Printing』により、輪転機の診断・分析、コンディション調整なども行なった。これらの導入経緯や具体的なメリットについて、工場長の木南清志氏に伺った。

    詳しく見る
  • 町田印刷株式会社 様

    枚葉UV機械・輪転機で期待通りの耐刷性を発揮、無処理化により生産効率向上とコスト削減効果も

    NEW

    町田印刷は完全無処理プレートの全面的採用に踏み切り、同業他社からも注目を集めている。持ち前の技術力を活かして印刷品質の向上を追求する同社が完全無処理プレートを導入した経緯と効果について、執行役員 戸田工場統括工場長・山口和広氏、執行役員 熊谷工場工場長・相川明仁氏、戸田工場枚葉部部長・嶋田雅志氏に伺った。

    詳しく見る
  • 能登印刷株式会社 様

    自現機に関わるメンテ作業・待ち時間の削減でプリプレスの瞬発力が向上。水が20%絞れ、品質安定化・パウダー減少などのメリットも

    NEW

    能登印刷株式会社は、白山工場で使用していた有処理のCTPプレートを、富士フイルムの完全無処理CTPプレート『SUPERIA ZP/ZD』へと全面的に切り替えた。同社では水なしプレートも併せて使用しているが、今回、水あり印刷用のプレートについては完全無処理化を実現。作業環境の改善、品質の安定化などの効果を挙げている。『SUPERIA ZP/ZD』の導入の経緯や、現場での評価などについて、取締役 生産統括部長兼製造部長・堀北貴之氏、プリプレス部部長・小西淳也氏、製造部印刷課課長・石尾俊氏に伺った。

    詳しく見る
  • 望月印刷株式会社 様

    V・油性を含めて完全無処理化し、ガム処理に関わる手間・コストがゼロに。ロングランでの地汚れも解消し、品質の安定性・現場の安心感高まる

    NEW

    望月印刷株式会社は、2017年9月、ガム処理タイプの現像レスCTPプレートを、富士フイルムの完全無処理サーマルCTPプレート『SUPERIA ZP/ZD』に切り替え、100%無処理化を達成した。執行役員 生産部部長・山根徹也氏に、『SUPERIA ZP/ZD』導入の経緯や効果などについてお話しを伺った。

    詳しく見る