F-PDO®/PDX®がんパネルを用いた薬効評価解析サービス開始のお知らせ

2021年4月1日

富士フイルム和光バイオソリューションズ株式会社は、F-PDO®/PDX®がんパネルを用いた薬効評価解析サービスを開始しました。F-PDO®/PDX®は福島医薬品関連産業支援拠点化事業により樹立され、福島事業独自の基準で管理されており、元の腫瘍の病理組織や遺伝子発現の特徴を維持しています。

一般の細胞株に比べより臨床に近い状態でアッセイすることによって、創薬におけるドロップアウトのリスクを低減、研究開発のスピードアップにも効果を発揮します。

詳細は富士フイルム和光純薬株式会社のWebサイトをご参照ください。