事業紹介

富士フイルム和光バイオソリューションズは、創薬支援業務や検査業務の受託サービスを提供しています。アカデミアや産業界からのニーズに応えるサービスを迅速に開発・提供することで、医療分野をはじめとした学術研究や産業の発展に貢献しています。

主な事業内容

  • 抗がん剤評価サービス*
    抗がん剤の原薬の薬効を評価するサービスです。従来、試験管評価で使用されてきたがん細胞は、不死化などの処理を施しているため、がん細胞の性質が変化しますが、本サービスで使用するがん細胞は、元のがん細胞の性質を保持できる特殊培養を用いているため、ヒト臨床評価と相関性の高いデータを獲得することが可能です。

  • エクソソーム単離サービス
    磁力を使って高純度にエクソソームを単離する、富士フイルム和光純薬の独自技術を用いたサービスです。高純度に単離することで、エクソソームの内包物をより詳細に分析することができるため、新たな治療法や診断法の開発につながると期待されています。

  • タンパク質作製サービス
    昆虫細胞を用いて遺伝子組み換えタンパク質を作製するサービスです。少量から大量ニーズまで、製薬会社やアカデミアからの幅広い要望に対応できます。

  • * 公立大学法人 福島県立医科大学 医療-産業トランスレーショナルリサーチセンターが開発。当社は「福島県立医科大学発ベンチャー」として、同センターと連携して事業を推進。
  • エンドトキシン測定サービス
    カブトガニの血清成分を使ってエンドトキシンを測定する富士フイルム和光純薬の独自技術を用いたサービスです。医療機器や飲料・食品などに含まれるエンドトキシンを高感度に検出することが可能です。

富士フイルム和光純薬グループのバイオ受託サービス「3つのカテゴリー」

富士フイルム和光純薬グループでは、「自社受託」「生体試料調達サービス」「他社取り次ぎ受託」の3種類のバイオ受託サービスを提供しており、富士フイルム和光バイオソリューションズはそのうち自社受託分野を担当。「モノを売る」試薬ビジネスから「サービスを提供する」という新たな切り口で、試薬事業の価値拡大にグループを挙げて取り組んでいます。