トップメッセージ

当社は、 富士フイルムグループのデジタルプレス商品群を取り扱う販売会社です。2011年12月1日の設立以来、枚葉型インクジェットデジタルプレス『Jet Press』シリーズおよび輪転型インクジェットデジタルプレス『11000 Inkjet Press』を多くのお客さまに導入を進めてまいりました。

富士フイルムが世界に先駆けて開発した『Jet Press』は、その圧倒的な品質と出力スピードで業界のデジタル化を牽引して来ました。
誕生からつねに進化を重ね、お客さまの「印刷事業の新展開」に貢献する戦略システムとして地歩を築いています。

そして富士フイルムビジネスイノベーション(旧富士ゼロックス)により開発された『11000 Inkjet Press』は、大量の仕事を高品質に出力する上で最適なシステムとして導入が進んでいます。

2021年7月1日、富士フイルムの「グラフィックシステム事業部」と富士フイルムビジネスイノベーションの「グラフィックコミュニケーションサービス事業本部」が統合し、「グラフィックコミュニケーション事業部」を設立しました。これによりグループの総力を結集して、デジタルプレスのソリューション整備をさらに強力に推し進めて行きます。

富士フイルムグループの最大の強みは、独自のインクジェット技術「FUJIFILM Inkjet Technology」により、ヘッド、インク、画像処理、それらのインテグレーションに至るまで、一貫して開発できること。そして、高度な開発体制から生み出される製品を、つねに安定してお客さまのもとにお届けできる万全の供給体制・販売体制が構築されていることです。今後、さらなるデジタルプレスの開発を進めていきますが、その導入を担い、お客さまのデジタル化や、新事業の展開をサポートすることが私たち富士フイルムデジタルプレスのミッションです。

印刷はいま、大きな変革期を迎えています。業界全体のパラダイムシフトが進み、印刷工程のデジタル化はさらに加速していくと考えられます。当社は、グループの技術力を結集したデジタルプレスを、安定的にご提供しながら、お客さまのビジネス拡大を目指し、課題解決を全力でサポートすることで、業界の活性化に貢献してまいります。

代表取締役社長
下坂 裕昭