健康経営

当社は、健康経営に取り組んでいます。ここに、健康経営宣言を制定し、なお一層の普及拡大に努めて参ります。

健康経営宣言

会社経営において最も重要な要素は「人材」です。
当社では、従業員が健康を保ち、日々いきいきと働き続けられることが会社の持続的な運営や発展の基盤と考えます。
従業員一人ひとりの健康増進をサポートし、従業員のパフォーマンスを最大限に発揮出来る環境づくりに努めていくことで、企業の発展ならびにお客様への価値のご提供・事業拡大への貢献に繋げて参ります。

2020年10月14日
富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社
代表取締役社長

Shigenori Tsuji

健康経営推進体制

健康に関する従業員の意識を共有し、健康増進活動活性化における職場の課題を協議し、改善するための効果的な施策を検討・策定する為の組織とします。

健康経営行動計画

「生活習慣病対策」、「喫煙対策」、「メンタルヘルス対策」、「長時間労働対策」、「がん対策」を5つの重点領域として取り組んでいます。

生活習慣病対策

  • 歩行イベントを年2回開催する
  • 予防に主眼を置いた健康教育を定期的に開催する
  • 健康に配慮したレシピを社内公募し、全社員へ展開する
     

喫煙対策

  • 会社の敷地内の喫煙所を閉鎖し、社内完全禁煙とする
  • 健保の協力を得て、禁煙パッチの無償配布、オンライン禁煙プログラム展開する

メンタルヘルス対策

  • ストレスチェック、睡眠に関するe-ラーニングを実施する

長時間労働対策

  • 所定外労働時間の管理を徹底し、残業時間を削減する

がん対策

  • がん検診の受診率100%を目標として、未受診者には検査観奨を行う
健康管理行動(KPI) と2022年度の中期目標