メッセージ

常に新しいことに挑戦し続ける

[画像]種田進 取締役 経営推進本部長

種田 進 取締役 経営推進本部長

富士フイルムが化粧品・サプリメントの事業を開始したのは2006年。化粧品はアスタリフト、サプリメントはメタバリアが主力商品で、富士フイルムならではの唯一無二の独自製品をつくり、お客さまに新たな価値をお届けすべく日々取り組んでいます。

新たな価値を創出していくには、常に新しいことに挑戦し続ける必要があります。全社員が常に“変革”を意識し、小さくてもいいので、日々挑戦していくことこそが、成長に繋がると信じて日々活動しています。

キャリア採用の方には、ぜひその変革の担い手になって欲しいと考えています。
異なるバックグラウンドを持つ方が社内に新たな風を吹き込むことで、変革の起爆剤となることを期待します。

富士フイルムグループには「See Think Plan Doサイクル」という仕事のメソッドがあります。徹底的に事実を可視化して、問題の本質を捉え、適切な手段を計画して実行する、というものです。
モノづくりを行う商品企画、お客さまへの製品・サービスの提供を考えるマーケティング、また社内の管理業務においても、それぞれの職場で、挑戦し成長し続けられる環境があります。変化をいとわず変化を楽しむ、そして成長し続ける、そんな方に仲間になってほしいと思っています。