トップメッセージ

お客さまの期待に挑戦し続け、イメージング領域のビジネスの創造と発展により
より良い社会創りに貢献し、我々に関わるすべての人が笑顔になることを目指します。

[写真]代表取締役社長 松本 考司

富士フイルムイメージングシステムズ株式会社は、富士フイルムグループにおける「写真・映像・情報サービス」の国内販売会社として、2012年より事業を展開しております。

「ミラーレス一眼」を中心とするデジタルカメラ、「チェキシリーズ」などのインスタント写真システム、「大伸ばしプリント・フォトブック」などの付加価値写真プリント等に代表される写真関連製品・サービスに加え、広告用大型ディスプレイ出力やIDカード、クラウドサービスなどのビジネスソリューションサービスの提供を通じて、一般のお客さまから法人向けビジネス分野までの多様なニーズにお応えしています。

社会変化が激しいVUCAな時代でも富士フイルムグループが長年にわたり取り組む写真映像分野の歴史で培った信頼・信用をベースに、先進的かつ独自の技術を持って、高品質・信頼性・ハイセキュリティ・使いやすさを兼ね備える製品やサービスを提供し続け、多くの人々に感動を伝えるお手伝いができるようにイメージング領域の価値創造を進めてまいりました。

これからもお客さまの持っているこうありたいというイメージを素敵なカタチにして 世の中の課題を解決する。アナログ中心の時代もデジタル中心の時代もお客さまの持つイメージをカタチにすることで 世の中にイノベーション(驚き)を起こし、お客さまを笑顔にする。
これが我々の変わらぬ使命です。
我々は、素敵なカタチを通じて社会の役に立つBusiness to Society(BtoS)企業としてより良い社会創りに貢献し、我々に関わるすべての人々を笑顔にすることを目指していきます。

富士フイルムグループの一員として私達一人ひとりは、自らの仕事に自信と誇りを持ち、お客さま、そして社会の期待に応えることを第一に“Never Stop"の精神で「Value from Innovation」への挑戦を続けてまいります。

代表取締役社長
松本 考司