健康経営への取り組み

富士フイルムイメージングシステムズでの健康経営活動をご紹介します。

富士フイルムグループは、社会に新たな価値を創造するリーディングカンパニーであり続けるために、従業員が心身ともにいきいきと働ける健康づくりを積極的に推進すること、そして「100年を生きる時代」の社会の人々に、生きる力、生きる楽しさを提供していくことを宣言します。

経営戦略の一環として従業員の健康の維持・増進に取り組むことにより、 自社の発展と企業理念に基づく社会への持続的な貢献を図ることを目的としています。

  • 従業員が心身ともに明るくいきいきと働き続けることができるよう、生活習慣病、がん、喫煙、メンタルヘルス、長時間労働を重点課題とし、健康レベルの向上に取り組んでいきます。
  • 従業員自身の健康に対する意識向上を図るための教育や、健康維持増進に向けた指導など、会社として積極的に関与していきます。
  • 健康経営を実践した成果を社内外に発信し、社会全体の健康意識の向上に貢献していきます。

健康経営推進体制を構築し、従業員の健康保持・増進に向けて活動しています。

[体制図]

生活習慣病対策

健康診断後のフォローアップとして精密検査や受診が必要な従業員には、産業医面談を実施し保健指導を行っております。
また、年に2回、ウォーキングイベント(歩活)への参加を促進しています。
生活習慣病の有病者・予備群を減少させるため、特定保健指導に取り組んでいきます。

7つの健康行動の実施

  • 週1回以上体重を量る
  • 1日平均30分以上歩く
  • 直近の歩活にエントリーしている
  • 週1日以上お酒を飲まない日がある
  • 現在たばこを吸っていない
  • 1日6時間以上の睡眠を確保している
  • 健診結果を確認する
[画像]富士フイルムグループ 7つの健康行動

禁煙サポート

喫煙に関しては、2020年7月に就業時間中禁煙の就業規則化、2020年10月には事業所内の喫煙スペースをすべて撤去しました。
また、禁煙外来費用の補助、禁煙補助薬費用補助、オンライン禁煙プログラムなど喫煙率の低下に向けた、禁煙サポート活動を行っております。

がん対策

各種がん検診(胃がん・大腸がん・乳がん・子宮頸がん)の費用補助を行い、定期的な受診を推進しています。
また、治療と就業の両立のための環境(ストック休暇、半日・時間単位の有給休暇制度等)を整備しております。

長時間労働対策

長時間労働対策として、定時退社日(水曜、金曜)を設け、定時退社を促進しています。
長時間労働者には、産業医面談を実施し、心身の状況を確認しております。
有休奨励日を設定し、有休取得推進を行っております。

定期健康診断

健康診断の受診率100%を達成するため、受診勧奨を行っております。
また、健康診断後のフォローアップとして精密検査や受診が必要な従業員には、産業医面談などのサポートを行っています。

メンタルヘルス対策

メンタルヘルス不調の予防、早期発見に取り組んでいます。
従業員自身の体調変化やストレスの気づきとなるストレスチェックを実施し、面談を希望する高ストレス者に対し、産業医面談を実施します。
また、全従業員に対して、年に1回ハラスメント研修を実施しております。

新型コロナウイルス感染症対策

新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、従業員自身の体調管理を徹底頂くとともに、職場におけるマスクの着用、手洗い及びうがいの実施、手指のアルコール消毒を徹底しております。
各フロアへの手指消毒液配備の他、ビル出入口に非接触型検温器を設置、会議室に飛沫防止パネルおよび二酸化炭素濃度計を設置し、感染防止策を実施しております。
また、ワクチンの職域接種を実施しております。