情報セキュリティへの取り組み

情報セキュリティ 基本方針

富士フイルムイメージングシステムズ株式会社は、電子映像・写真関連製品、および大型ディスプレイ出力やID・ICカード、クラウドサービスなどで構成される画像・映像・情報サービス等、一般消費者向けビジネスから法人ビジネスまで、イメージングに係るあらゆる分野の製品・サービスを提供しております。

この幅広いサービス提供にあたり、お客さまからお預かりする情報資産を確実に保護することは重要な課題です。

そのために当社は情報セキュリティ基本方針を定め、適切な保護対策を確立するとともに経営陣も含めて、従業員全員がこの基本方針を理解して実行し、お客さまの信頼を更に高めてまいります。

  1. 【目 的】

    この方針はお客さまからお預かりするすべての情報資産をあらゆる脅威から保護し、正確ですみやかに情報取得ができる体制を継続するための基本方針を定め、維持・改善を継続していくことを目的とします。

  2. 【適用範囲】

    ①イメージテック事業本部 IDシステム営業部
    ②イメージテック事業本部 ビジネスソリューション事業部
    ③イメージテック事業本部 クラウドサービス営業部
    ④イメージテック事業本部 ビジュアル&サイネージ事業部

  3. 【管理者の任命と義務】

    セキュリティ委員会を設置します。委員は各事業部より選出された、従業員により構成されます。

  4. 【セキュリティ対策】

    経営上の要求事項を満たし、情報セキュリティの目的を達成するために、人的資源、設備などを適切に運用します。

  5. 【従業員の義務】

    情報セキュリティに関する法令又は規則、お客さまとの契約およびその他社内規範を遵守します。
    情報セキュリティ違反を行った従業員は厳正に処分します。また、情報資産に対して事件および事故が発生した場合は速やかに、お客さま並び関係部署に報告します。

  6. 【情報資産の管理】

    情報資産のリスクを適正に評価し、必要な管理策を講ずることにより、機密性・完全性・可用性を維持します。
    そのために手順書などを作成し、管理責任者を定め、適切な運用・記録を行います。

  7. 【情報セキュリティの推進】

    情報セキュリティについてはセキュリティ委員会で推進を図るものとします。

  8. 【啓蒙活動と教育】

    情報セキュリティに関する重要性を従業員全員が認識するために、定期的な教育を実施します。

制定 平成18年7月28日
改訂 2021年6月30日
富士フイルムイメージングシステムズ株式会社
代表取締役社長 松本 考司

ISO27001認証取得

富士フイルムイメージングシステムズ株式会社は情報セキュリティマネジメントシステムとして、ISO27001の認証を取得しています。

JQA-IM0335

登録日:2006年3月31日

登録証番号:JQA-IM0335

登録事業者:
富士フイルムイメージングシステムズ株式会社
イメージテック事業本部 IDシステム営業部
イメージテック事業本部 ビジネスソリューション事業部
イメージテック事業本部 クラウドサービス営業部
イメージテック事業本部 ビジュアル&サイネージ事業部

登録活動範囲:
ID・ICカード及びタグの設計・開発・販売
リーダーライターの開発・販売
セキュリティシステムの企画・開発・販売及び施工
カード発行プリンターの販売
クラウド型ファイル共有・送受信サービスの販売
画質評価用チャート、デジタルアーカイブ、写真・画像・映像・文書情報のデジタル化の販売
出張撮影サービス