環境への取り組み

富士フイルムグループ グリーン・ポリシー基本方針

“持続可能な発展”は21世紀の地球、人類、企業にとって最重要課題です。世界の富士フイルムグループ各社は、環境・経済・社会の全ての面において確実で一歩先行した取り組みにより先進企業となることを目指します。
我々は、製品・サービス・企業活動における高い“環境品質”を実現することで顧客満足を達成すると共に、“持続可能な発展”に貢献します。

[画像]FUJIFILM group Green Policy ロゴ

富士フイルムヘルスケア 環境方針

富士フイルムヘルスケア株式会社(以下、当社と略す)は、「環境との調和」を経営の最重点課題の一つとしてとらえ、人類の健康を担う医療機器や医療ITシステムの開発・設計、製造、販売、サービス等、事業活動の全分野を通じて気候変動への対応、持続可能な資源の利用、並びに生物多様性と生態系の保護に努めます。

富士フイルムヘルスケア 行動指針

  1. 製品の研究開発・設計の段階から生産、流通、販売、使用、廃棄などのライフサイクルの各段階における、環境負荷の把握と低減をめざしたグローバルなものづくりを推進します。
  2. 国際的環境規制並びに国、地方自治体などの環境規制に対して、当社の環境側面に適用可能な法的要求事項及び当社が同意するその他の要求事項を遵守します。
    また、必要に応じて自主基準を策定し環境保全に努めます。
  3. 事業活動によって生じる環境への影響を調査・検討し、環境負荷を低減するための省エネルギー、省資源、リサイクル、化学物質管理、生態系への配慮等、環境保全性に優れた技術、資材の導入を推進します。
  4. 環境保全活動についてステークホルダーへの情報開示と積極的なコミュニケーションに努め、相互理解と協力関係の強化に努めます。
    当社の環境方針及び行動指針は、文書化した情報として維持し、組織内に周知するとともに、ステークホルダーが入手できるよう開示します。
  5. 社員の環境に関する法律遵守、環境への意識向上、広く社会に目を向け、幅広い観点からの地球環境保全について教育し、活動します。
    また、環境方針及び行動指針は、当社で働く又は当社と共に働く全ての人に周知を図ります。

制定日:2021年3月31日
富士フイルムヘルスケア株式会社
代表取締役社長 山本 章雄
 

環境マネジメントシステム(EMS)適用範囲

No. 社名、事業所名 所在地
1 富士フイルムヘルスケア株式会社(本社) 東京都台東区東上野二丁目16番1号
2 富士フイルムヘルスケア株式会社 柏事業所 千葉県柏市新十余二2番地1
3 富士フイルムヘルスケア株式会社 ヘルスケア超音波R&Dセンター 東京都国分寺市東恋ヶ窪三丁目1番地1
4 富士フイルムヘルスケアマニュファクチャリング株式会社(本社)、柏工場 千葉県柏市新十余二2番地1
5 富士フイルムヘルスケアマニュファクチャリング株式会社 柏工場茂原サイト 千葉県茂原市三ヶ谷1754

(2021年7月1日時点)