「ECHELON Smart Plus」新発売

検査時間のさらなる短縮と高画質化を実現した1.5テスラ超電導MRIシステム

ニュースリリース

2021年4月15日

富士フイルムヘルスケア株式会社(代表取締役社長:山本 章雄)は、磁場強度1.5テスラ超電導MRIシステムの新製品「ECHELON Smart Plus*1」を、4月15日に発売します。本製品には、2019年に発売したMRI検査におけるワークフローを効率化させる当社独自のアプリケーション「SynergyDrive」を進化させて搭載し、検査時間のさらなる短縮と高画質化を実現しました。

MRI検査の高速撮像技術は年々進化していますが、MRI画像の撮像時間と高画質化はトレードオフの関係にあります。 「SynergyDrive」は、MRI検査時のユーザビリティを考慮したハードウエアデザインである「WIT」(ウイット:Workflow Integrated Technology)や、画質を維持しながら撮像時間の大幅な短縮を実現する高速撮像機能「IP-RAPID*2」、操作性向上機能「Auto Exam*2」などのアプリケーションの総称です。被検者が検査室へ入室し、検査完了して退出するまでの一連の検査フローに対する操作手順が簡略化され、検査時間を従来よりも短縮できます。

本製品は、画質を維持しながら撮像時間を短縮できる機能「IP-RAPID」に適用可能な撮像シーケンスを増やした「IP-RAPID2nd*2」を搭載しました。また当社の高画質化ソリューション「REALISE Plus*2」を搭載することで、さらなる高速化と高画質化を実現しました。撮像時間を短縮できるため、追加撮像などの診断に必要な情報の収集などに貢献します。

[画像]1.5テスラ超電導MRIシステム「ECHELON Smart Plus」

製品の特長

1.撮像時間を大幅に短縮する機能「IP-RAPID」の進化と高画質化ソリューション「REALISE Plus」

IP-RAPIDはSynergyDriveの中核をなすアプリケーションで、アンダーサンプリングと繰り返し演算IPを活用した再構成処理を適用し、画質を維持したままノイズ低減し撮像時間を短縮する機能です。今回進化したIP-RAPID 2ndでは、3D画像を中心にisoDIRや肝臓撮像など適用可能な撮像シーケンスを大幅に増やし、頭部領域や整形領域のほか、腹部領域の息止めや自由呼吸下検査にて検査の効率化を可能としました。

また、画像のノイズ信号を除去する高画質化ソリューション 「REALISE Plus」を搭載しました。REALISE Plusは、複数のノイズ除去法を組み合わせ、受信信号とノイズの比であるSNRを最大46%向上させることで高画質化を実現する技術です。IP-RAPIDの進化に加え、REALISE Plusも搭載することでSynergyDriveがない従来検査と比べて最大67%撮像時間を短縮可能です。
 

2.操作者の操作を簡略化する機能「AutoExam」

AutoExamは撮像の条件設定や位置決め、画像処理、画像表示、画像保存の機能をまとめて登録することで、ワンタッチによる検査を可能とする機能です。従来、本機能の対象であった頭部撮像に加え、膝検査でも適用が可能となりました。膝関節の撮像位置を決めるための専用撮像(Scanogram)を高速に行い、膝関節の断面位置情報を操作者に提示します。最適な撮像断面を自動的に提示できるため、複雑な撮像断面の設定を行う必要がなく、操作者の負担を軽減します。

  • *1 「ECHELON Smart Plus」は「ECHELON Smart」の新しいバージョンのシステムソフトウェアを搭載したモデルの呼称です。
  • *2 オプション

販売名および販売価格

販売名 販売価格(税抜) 提供開始時期
日立MRイメージング装置 ECHELON Smart
(医療機器認証番号: 229ABBZX00028000)
¥1,030,000,000~ 2021年7月

システム構成により価格は異なります。
製造販売業者:株式会社日立製作所

お問い合わせ

富士フイルムヘルスケア株式会社
〒110-0015 東京都台東区東上野二丁目16番1号 上野イーストタワー
問い合わせフォーム

  • * 記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。