トップメッセージ

代表取締役会長 岸本 尚(左)
代表取締役社長 川原 芳博(右)

新型コロナウイルス感染(COVID-19)が世界規模で拡大しています。COVID-19により亡くなられた方々に謹んで哀悼の意を表すとともに、罹患された方々の1日も早い回復をお祈り申し上げます。そして、最前線で感染診療に当たられている医療従事者の方々をはじめ、人々の健康や生活を支える多くの皆様に、心より敬意と感謝を申し上げます。

私たち富士フイルムグループは、COVID-19抑制に貢献する為に総力を挙げて取り組んでおり、国内メディカルシステム事業を担う富士フイルムメディカル(当社)では、肺炎診断に用いられる回診用X線撮影装置や超音波画像診断装置を供給し、その安定的な稼働をサポートしています。

富士フイルムは、写真技術で培った画像技術などの多様かつ独自性の高い専門技術を様々な商材に展開させ、総合ヘルスケア企業として成長してきており、当社が扱うメディカルシステム製品も多種多様な領域に広がっています。現在では、低線量・高画質を実現したデジタルX線画像診断システムやトップシェアを誇る医用画像情報システム(PACS)をはじめとする医療ITソリューション関連システム、内視鏡システム、超音波画像診断装置、また、画像診断分野以外においては、臨床化学分析装置やインフルエンザを早期発見する感染症検査装置など、様々な製品を提供しています。

少子化・超高齢化社会を迎え、医療費削減や医療現場の働き方改革など多くの課題がある中、今後も製品ラインアップを拡充させると共に、それら画像診断装置・システムに富士フイルムの優れた画像処理技術やAI・IT技術を融合させ、革新的で付加価値の高いソリューション提供に注力してまいります。 また、当社は富士フイルムの関連グループ各社とも協業し、メディカルシステム製品の販売・サービスを通じて医療現場の課題解決や顧客満足向上に取り組んでまいります。

新たな価値創出に向けて“NEVER STOP”の精神で決して立ち止まることなく挑戦を続けていく私たちに、皆さまの変わらぬご理解とご支援をお願い申し上げます。

代表取締役会長 岸本 尚  
代表取締役社長 川原 芳博