日本

大量データ保管・アーカイブに関する課題解決のヒント

参考資料・カタログ

クラウドネイティブ時代のデータ活用・保管を効率的かつ安全に実現するインフラの構築に役立つ資料をダウンロードいただけます。
貴社に最適なシステムのご検討にご活用ください。

参考資料

ストレージ不足の解消にクラウドを活用する例が幅広い企業で一般化する中、想定外のコスト増などにより、オンプレミスに回帰する動きも。各企業に最適な選択肢の見極め方とは?

バックアップやアーカイブ用のストレージはクラウドやNASが一般的だが、実は今、磁気テープがGoogleなどの先進的な企業・研究機関などに選ばれ、注目されている。その理由とは。

AI/IoTなどデータの活用がビジネスで重要度を増している。膨大なデータを捨てずに残し、長期保存性・信頼性・コスト面に優れたストレージ基盤を容易に実現する方法を紹介。

大容量データの長期保管で再び注目される磁気テープ。HDDや光ディスク、クラウドと比較したメリットとは?コスト、安全性、転送速度、将来性などを検証した。

NEW

大容量データの長期保管用ストレージに重要な「経済性」「安心性」「将来性」。その全てを備え、ビッグデータを扱う企業で採用されている「磁気テープストレージ」の特徴とは。

今や磁気テープは1巻400TBの大容量化も可能な将来性の高いストレージに進化。パソコンからのデータの検索・書き込みの容易さや転送速度、耐久性など、最新の技術情報を紹介。

導入事例

3DCGアニメを制作するサンジゲン様は、制作データを保管する全ての磁気テープの中身を「見える化」。クリエイターによるデータ活用の活発化を、低コストかつ安全に実現。

契約書や品質保証データなど、データの長期保管が必要で、データ作成日や不正改ざんの有無など原本性の保証が必須のデータをどう保管するか? 実際に製造業G社 に採用されたデータ活用方法をご紹介。

カタログ

「オブジェクトストレージ」と「テープストレージ」を連携するS3互換API実装ソフトウエア。低コストで信頼性・容量拡張性に優れたハイブリッドクラウドストレージ基盤を実現。

使用頻度に応じ、データを自動で振り分け、管理の手間いらず! 残すべきデータは、大容量・低コストで安全な磁気テープに長期保管。新発想のハイブリッドストレージ。