富士フイルムビジネスイノベーション

DocuCentre-VII C3372が「中国グリーンデザイン製品」に認定

2021年4月27日

富士フイルムビジネスイノベーション株式会社(本社:東京都港区、社長・CEO:真茅 久則)のデジタルカラー複合機「DocuCentre-VII C3372」が、2020年9月に中国工業情報化部の「グリーンデザイン製品」に認定され、11月に認定書を授与されました。中国進出企業の複合機として、初めての認定です注1。また、本製品を製造する当社深セン工場は、2019年に「グリーン工場」に認定されています。

中国工業情報化部は、国家政策「中国製造2025」のもと「グリーン製造」を推進し、「グリーンデザイン製品」や「グリーン工場」の認定を行っています。「グリーンデザイン製品」では、商品の設計・開発から製造、輸送、使用・維持、リサイクルまで、製品のライフサイクル全体が環境に与える影響を評価されます。

「DocuCentre-VII C3372」には、分解してリサイクルしやすいモジュラー設計、製品パーツの一部に木材由来セルロースを原料とするバイオプラスチックを使用、消費電力の低いプリントエンジン、低温で融解・圧着するSuper EA-Ecoトナーを利用、静音設計など環境に配慮した特徴があります。
今回は、リサイクルしやすい設計、省エネルギー性能、静音性などが高く評価されました。

「DocuCentre-VII C3372」は、富士フイルムグループ独自の環境認定制度「Green Value Products」 においても「ゴールド」の認定ランクで、業界トップレベルで環境負荷を低減する製品として評価しています。

富士フイルムビジネスイノベーションは、今後も環境負荷を低減する製品・サービスの開発と普及を進め、サステナブルな社会の実現に貢献していきます。

認定書

  • 注1 富士フイルムビジネスイノベーション株式会社調べ

お問合せ先

富士フイルムホールディングス株式会社
ESG推進部
03-6271-2064