富士フイルムビジネスイノベーション

DXへの取り組み

当社は、富士フイルムホールディングス株式会社の2023年度を最終年度とする2021年~2023年度の中期経営計画「VISION2023」のもと、働き方改革・デジタルトランスフォーメーション(DX)を支援するソリューション・サービスをグローバルに提供します。また、デジタルを活用することによって生まれる新しい製品サービス、新しいビジネスモデル、新しい関係性を通じてあらたな価値を創出し、DXによるイノベーションを達成します。

【1】製品・サービスの提供を通じたお客様のDX推進

さまざまな業種や業務の特性に合わせて、課題解決型のドキュメントサービスを提供します。お客様の課題解決として、システムインテグレーションやクラウドサービスによる付加価値の高いソリューション、複合機・デジタル印刷機の管理や業務プロセス全般を効率化するビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)を提供し、お客様の業務効率化や増力化、働き方改革に貢献します。AIやIoTなどの先端技術を活用し、お客様が創造性を発揮し、成果を実感できる環境の実現を目指します。

※当社が提供するDXを実現するソリューションはこちら

【2】自社業務の改革に向けたDX推進

AI、IoT、ビッグデータなどの先進のデジタル技術を活用し、企業文化、人材、システムを含めた企業活動全体を改革します。また、業務プロセスのシンプル化、経営情報のデジタル化、業務効率化による働き方改革を推進し、よりお客様中心のビジネスへの変革を実現します。この実現のため以下の施策を推進します。

  • 基幹システムのレベルアップ
    • 基幹システムをレベルアップし、営業支援システムから販売管理、物流管理、経理までの一気通貫した業務を効率化します。
    • 基幹システムに加え、RPA、ワークフローツール、オフィスツールを組合せ、スリムで柔軟な業務の仕組みを構築します。
    • AIを活用し、さまざまなビジネスプロセスをインテリジェント化することで業務を高付加価値化します。
    • サブスクリプションビジネスを支える多様な料金体系に柔軟に対応できる仕組みを構築します。
  • 経営情報管理システムの構築
    • 富士フイルムグループで構築を進める経営情報管理システムの中で、基幹システムのデータを一元集約するとともに、マスターマネジメントシステムを構築することで、アジアパシフィックの海外拠点を含めた関係会社の経営データを、一つのデータベースに統合して全ての経営情報を見える化し、経営をスピードアップします。
    • 損益情報のみならず資産情報も一元管理することで資産効率をアップし、ROIC注1、CCC注2を改善します。
      • 注1Return on Invested Capital:投下資本利益率
      • 注2キャッシュ・コンバージョン・サイクル:棚卸資産回転日数 + 営業債権回転日数 - 営業債務回転日数
  • デジタル化施策によるお客様とのデータ連携とお客様サービスの強化
    • 電子契約・電子請求の仕組みを整備し、業務プロセスを大幅に短縮するとともに、お客様とのデータ連携・サービスを強化します。
    • eコマースの仕組みを刷新し、お客様のさまざまなニーズに応えます。
    • 販売プロセスの中でのあらゆる情報を相互に連携し、お客様との関係性強化に活用します。
    • SmartGlassなどの先端デバイスを活用したリモート保守サービスの拡大によって、お客様のご使用機器のさらなる安定稼働に努めます。

【3】DX推進体制の整備とDX人材育成・教育強化

DXを実現し、情報伝達と意思決定を迅速化するとともに、高付加価値業務へ全社がシフトするために、全従業員がICTを最大限活用できる体制を作ります。

  • DX推進担当執行役員を任命し、その役員のもとにDX推進部門を設け全社のDXを推進します。
  • 富士フイルムグループでの取り組みの一環として、各部門でデジタルオフィサーを選任するとともに、人材育成や教育の強化を含めて、DX推進に必要な施策を全社で強力に展開していきます。

富士フイルムビジネスイノベーション
オンラインセミナー情報

テレワーク・在宅勤務時のファクス受信やセキュリティー対策など
旬の話題をお届けいたします。